あるKellogg生の日常 -エバンストンの日々-

こんにちは、Class of 2018(現在1年生)のKMです。

エバンストンに来て早3ヶ月、今週で秋学期の授業も最後で、来週には待ちに待っていないFinals(期末試験)があります。今年のエバンストンの秋(10-11月)は普段よりも少し暖かめの日が多かったみたいですが、11月終わりの今はほぼ平年通りの寒さのようです。

さて、今日はそんなエバンストンでの生活について書いてみたいと思います。Kelloggを目指されている方にはこちらでの生活のイメージをなんとなく掴んでいただき、Kellogg Alumniの方には懐かしんでいただき、それ以外の方にも楽しんでいただければと思っています。

平日

平日は授業 & 予習・復習・宿題 & イベント目白押しでとても忙しいです。

特に一年生のこの時期は、就活イベント(と言っても、夏のインターン応募に向けて)が山のようにあります。企業説明会、企業の方とのコーヒーチャットやディナー、プロフェッショナル系クラブの就活説明会、などなど。11月のこの時期はまだ面接を行っているところは少ないですが、企業が主催するイベントに来ているかどうかでやる気を計っている、という話も聞くのでなかなか気が抜けません。
就活しに来たのか学びに来たのか分からなくなることもよくあります。(笑)

とは言え、本業は学生ですし、なにより授業も待ってくれないので、予習・復習・宿題にもかなり時間をかけています。この中で特に大変なのがやはり宿題、さらに言うとその中でもグループワーク。チームやグループでのコラボレーションを重んじているだけあって、Kelloggではほぼすべての授業でグループワーク宿題があります。アカウンティング(会計)やファイナンスなど、ディスカッションベースではなく、計算ベースとなるような授業でもグループワークが課せられているという徹底ぶりです。グループで集まってしまえばスムーズに進むのですが、それぞれ色々と忙しいので、スケジュールをあわせるのが何よりも大変です。ただ、そういう過程からもチームワークやリーダーシップを学んでほしいというのがKelloggが意図しているところなんだろうとも思い、実際グループ内でのダイナミクスを観察していると勉強になることが多いです。

ちなみに、水曜日は授業はありませんが、授業準備とイベントでやはり忙しいです。

週末

週末は私の場合は、土曜日は買い出しや散歩に出かけて、日曜日は半日〜丸一日 翌週の準備をする、ということが多いです。

買い出しについては、車を持っているか否かで行動範囲がかなり変わると思います。一人で渡米している場合は車がなくても、エバンストンダウンタウン周辺の徒歩で行けるスーパー等(Whole Foods Market、Jewel-Osco、Trader Joe’s、CVS)で十分に事足りるだろうと思います。私の場合は、妻と二人で来ているので車を購入しました。

そんな我々夫婦が最近楽しんでいるのがスーパーめぐりです。アメリカ全土でそうなのか、この辺りだけがそうなのかわかりませんが、スーパーの種類が非常に豊富で品質・品揃え・価格がバラエティーに富んでいます。安いスーパーの代表はやはりEvery Day Low Priceを掲げるWalmartで、その逆の高級スーパー代表がWhole Foods Market、Mariano’s、The Fresh Marketあたりです。その他にも、韓国系スーパーのH Mart、少しイタリアンテイストのValli Produceなど違う軸で差別化しているスーパーもあります。MBA的に言うと各スーパー、狙っている顧客のセグメンテーションがはっきりしているということでしょうか。店そのものだけでなく客層を観察するのも面白いです。アメリカに比べると文化や習慣に多様性が少なくマーケットも小さい日本では、スーパー一つでここまではっきりとそれぞれの特色を出している店は少ないと思うので、見たことがないスーパーがあるとつい入ってしまう今日このごろです。

買い出し以外ではエバンストン界隈の散策・散歩が我々のFavorite Activityです。エバンストンの街はミシガン湖に面しており自然に溢れていて(と言っても、大自然とまではいかないところが◎)、散歩に出かけるにはこの上ない土地です。特に短い秋の時期は、紅葉がとてもきれいで、ミシガン湖畔から遠くに見えるシカゴの街並みは心揺さぶられるところがあります。エバンストンダウンタウン近辺はとても安全な場所なので、歩くことが好きな私は心置きなく散策しています。

そして散歩に欠かせないのが、カフェ。この界隈は素敵なカフェがたくさんあり、今日はどのカフェにしようかと考えながら散歩するのがとても贅沢な時間です。Starbucks・Peet’s Coffeeなどのチェーン店から、Unicorn Cafe・Kafeinなどの地元密着店、Cupitol・Dollop Coffee & The Hoosier Mama Pie Companyなどの今風のお洒落カフェなど様々です。

と、つらつらと書いてしまいましたが、あるKellogg生の日常として、参考になれば幸いです。

これから冬に入ると、また少し違う日々の過ごし方をするのだろうと思います。一通り就活が落ち着いた後(Fingers crossed)はどんな日々を過ごしているのか、まだ見ぬ天国のようなスーパーに巡り会えるのか、果たして-10度〜-20度の極寒の散歩を生き残れるのか、これからの生活が楽しみです。またいつか冬の過ごし方を書いてみたいと思っています。

それではまた。KM


「あるKellogg生の日常 -エバンストンの日々-」への1件のフィードバック

  1. ありがとう!冬学期は度を超えて寒くなり、秋学期・春学期と比較すると学生の動きも若干鈍りますが、色々と企画して楽しもう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です