2011年~2019年の日本からの合格者の統計です。Kellogg全体の傾向と同様に、TOEFLおよびGMATの点数は年々上昇しています。

*サンプル数が少ないためIELTSおよびGREは集計から除外しています。受験に際してはIELTS, GREも有効です
*最終的にKelloggへの入学を決めた学生のみを集計の対象としています