ゲストスピーカー

Kelloggにはとても頻繁にゲストスピーカーが来ます。

年間1,100-1,500のゲストスピーカーが来校していて、そのうち約3分の1は各クラブ主催、残りはKellogg自体が主催しています。採用目的の企業説明会はもちろんのこと、それに加えて採用とは無関係のリーダーシップポジションの方々の話を聞ける貴重な機会も多くあります。以下に、秋学期のゲストスピーカーの一部をご紹介します。

2019年秋学期のゲストスピーカー(例)

1.Ms. Lori Flees “Innovation at Walmart”

SVP & GMM, Sam’s Club Health & Wellness and Principal, Store No. 8
ウォルマートのインキュベーター事業「ストアナンバー8」のプレジデント。未来の顧客体験を強化するテクノロジーを見極めるためにウォルマートが取り組んでいることのほか、今後のキャリアについてのアドバイスなども交えた講演。Kellogg Retail Clubが主催。

2.Mr. Ashley Goodall “Nine Lies About Work”

SVP, Leadership and Team Intelligence at Cisco
シスコのSVPであり、”Nine Lies About Work”の著者でもあるMr. Goodallの講演。
人からのフィードバックをどのように受け止めるか、そもそも受け止めるべきなのか?などに言及。Kellogg Human Capital Clubが主催。

3.Mr. Marc Pritchard

Chief Brand Officer at Procter & Gamble
P&Gのマーケティングの全体像と、そのマーケティング(広告)で何を目指しているのかなど。
大企業のCxOのプレゼンテーション方法という観点でも大変参考になる講演でした。Kellogg Marketing Clubが主催。

4.Mr. Hiro Mizuno

Executive Managing Director and CIO, GPIF
大規模なファンドを運用する組織マネジメントや、新しい取り組みへの周りの巻き込み方など。Kelloggで学んだこと、特にInternational Studentへのメッセージなどもいただきました。Kelloggが主催。

 

これらの講演はランチタイムや夕方の1時間など授業の合間に学生やJV(Significant Others, 配偶者・婚約者・恋人など)に無料で開放されています。

企業のトップマネジメントによる講演以外にも、大企業の事業成功の秘訣や、成功したスタートアップの事例などを聞ける機会も多くありますので、アカデミックで学んだことを実際の事業環境を照らし合わせながら咀嚼することができるのもKelloggの学びの良さのひとつではないでしょうか。

 

 

 

 

Kellogg Club of Japan新会長(2011卒)が語るケロッグの魅力

Kellogg Club of Japan (KCJ)(※日本におけるKellogg同窓会。詳細はこちら) 新会長、小田原浩さん(マッキンゼー・パートナー/Class of 2011)のインタビュー記事のご紹介です。

Kelloggといえば、コラボレーション型リーダーシップを旗印としているだけあってSocialなイベントやパーティが豊富で、
企画・運営の主体となる学生たちは、実際社交的な人が多い印象です。

ただもちろん、全員が全員パーティ好きではなく、小田原さんも、ご本人曰くシャイで人見知りの性格のため、ネットワーキングが苦手だったそうです。

Outgoing / extrovertな性格でなくても(もちろん社交的な人にも)Kelloggは様々なチームワークを通じてグローバルリーダーとして成長できる場所なんだということをお伝えできればと思いますので、ぜひご覧ください!

就職活動から、マッキンゼー勤務、そしてケロッグ留学時代の体験談など、幅広いエピソードが満載です。

KCJ新会長インタビュー (1) 留学経験ゼロだった自分が グローバルリーダーへ挑戦した理由

MBAを取得するだけなら、日本で働きながら取ることも可能だ。そんな中、あえて海外のビジネススクールに行く意味はあるのだろうか? …



KCJ新会長インタビュー (2) 人見知りでもOK!私の関係構築法

海外のビジネススクール、MBAを取得できるところは数々ある。 …



KCJ新会長インタビュー (3) 世界に通じるリーダーの極意

世界が多様化し、いま、グローバル展開が急激に進んでいる。日本人プロフェショナルにとって、急務とされているスキルが、”リーダーシップ力”である。 …

Kellogg在校生・卒業生によるコーヒーチャット(東京)のご案内

9月1日(日)に、Kellogg 在校生・卒業生による、MBA 受験生の皆様を対象としたコーヒーチャットを開催します。参加をご希望の方は下記リンク先からお申し込み下さい。(一時帰国中の在校生や最近の卒業生も参加します。席に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい。)

 

日時: 2019 年 9 月 1 日(日) 12 時 30 分開場、13 時 00 分開始 、15 時 00 分終了予定

※イベントは日本語で行われます。

 

申込用URL:         https://forms.gle/FDBJ5k1nrrVhMEXv8

 

場所: 虎ノ門ホール

(東京都 港区 西新橋 1-9-5 酔心興栄ビル 2階)

 

  • 東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅より徒歩3分
  • 都営地下鉄三田線「内幸町」駅より徒歩3分
  • JR山手線「新橋」駅より徒歩8分

 

概要:    Kellogg 在校生・卒業生と少人数グループまたは個別にお話しいただけます。校風・カリキュラム概要・魅力・現地の生活環境から受験対策・卒業後のキャリアまで幅広くお答えしますので、是非質問を用意してお越し下さい。当日はご家族・パートナーの方の同伴も大歓迎です。(服装はカジュアルなものでお越し下さい。)

 

 

[更新]問い合わせ機能のエラーについて

2018年12月24日、当サイトの問合せフォームが復旧いたしました。キャンパスビジットや受験に関するご相談等について、フォームを通じてお送りいただきますようお願い致します。なお、2-3日以内に返信がない場合は「info(アットマーク)kellogg-prospective.com」までメールをお送りください。

***********************

2018年12月19日現在、当サイトのフォームからキャンパスビジット等の問い合わせをお送り頂いても、又はprospective@kelloggalumni.jpに直接メールを頂いても、在校生まで届かないエラーが発生しています(送信しましたと表示されても実際には届いておりません)。

ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、復旧までの当面の措置として、キャンパスビジット等のお問い合わせは「info(アットマーク)kellogg-prospective.com」までメールをお送り頂きますよう何卒宜しくお願い致します。また、お送り頂く情報のフォーマットについては当サイト問い合わせフォームをご参照ください。

なお、既に問い合わせを頂いた方で、1〜2日以内に回答を受信していない方のメッセージは当エラーの為在校生に届いておりません。この様な事態が発生し大変申し訳ございません。お手数をおかけし恐縮ですが、info(アットマーク)kellogg-prospective.comまで再度ご連絡を頂ければ在校生よりご連絡致します。

アップデートがあり次第、更新いたします。

8/18 (土) 在校生・卒業生によるコーヒーチャット@東京のお知らせ

Kellogg 在校生・卒業生による、MBA 受験生の皆様を対象としたコーヒーチャットを開催します。参加をご希望の方は下記リンク先からお申し込み下さい。(一時帰国中の在校生や卒業後間もない新卒業生も参加します。席に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい。)

日時:     2018 年 8 月 18 日(土) 09 時 30 分開場、10 時 00 分開始 、12 時終了予定
※イベントは日本語で行われます。

申込用URL:     https://goo.gl/forms/2y6zENwMjuWzxefA2

場所:     FinGATE KAYABA
(東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル1階)
・東西線・日比谷線「茅場町」駅 徒歩1分
・銀座線・都営浅草線「日本橋」駅 徒歩4分
・半蔵門線「水天宮前」駅 徒歩12分

概要:    Kellogg 在校生・卒業生と少人数グループまたは個別にお話しいただけます。校風・カリキュラム概要・魅力・現地の生活環境から受験対策・卒業後のキャリアまで幅広くお答えしますので、是非質問を用意してお越し下さい。当日はご家族・パートナーの方の同伴も大歓迎です。(服装はカジュアルなものでお越し下さい。)

問い合せ先:      宮澤 一輝 (2Y MBA, Class of 2019) / 佐藤 究 (MMM, Class of 2019)
kazuki.miyazawa@kellogg.northwestern.edu / kiwamu.sato@kellogg.northwestern.edu

フライヤー: 「Kellogg School of Management 在校生・卒業生によるコーヒーチャット」のお知らせ

[更新] Kellogg Official Information Session 開催(7月24日)のお知らせ

 

できるだけ多くの方々にご参加いただけるよう、開始を当初より30分遅らせ、19時開始と致しました。直前での変更となり申し訳ございませんが、下記をご確認の上、お間違いないようご来場ください。

7月24日(火)にAdmissions Office担当者が来日し、以下のとおりOfficial Information Sessionを開催します。席に限りがありますので、参加をご希望される方は、お早めのお申し込みをお願いいたします。

【日時】:2018年 7月 24日(火)19時00開始(1830受付開始)、2100終了予定

【場所】:ゴールドマンサックス証券 47階オーディトリアム
(〒106-6147 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー47階)

【内容】:第一部: Admissions Officerによるプレゼンテーション / 第二部: 卒業生によるパネルディスカッション / 第三部: 個別 Q&A (学校説明及びパネルディスカッションは英語で行う予定です)

【申込要領】:以下URLよりお申込み下さい。
https://apply.kellogg.northwestern.edu/register/Ft-Pro-Event-InfoSession-Tokyo

*詳細につきましては添付フライヤーご参照下さい
2018 Info Session.pdf

直接Admission担当者にご質問をいただく数少ない機会となっております。当日お会いできるのを楽しみにしております。

在校生によるWebinarのお知らせ (2018年5月26日(土)10-11時)

Kellogg在校生による、MBA受験生の皆様を対象としたWebinarを開催します。参加をご希望の方は、以下リンク先からご参加下頂ければ幸甚です。

日時
日本時間2018年5月26日(土)午前10時開始、11時終了予定
第一部: 在校生によるKelloggの紹介
第二部: 質疑応答

概要
Kelloggの概要・魅力を在校生がたっぷりとお伝えします。受験プロセス、学校の特徴・校風、カリキュラムまたは現地での生活等について 何でもお聞きください。なお、本説明会は在校生主催の非公式説明会との位置付けです。言語:日本語

参加方法
参加はこちらから: https://bluejeans.com/844773731
本説明会はBlue Jeansを使用したWebinar形式です。Blue Jeansの使用方法は、下記フライヤーの2ページ目をご参照下さい。携帯・iPadからもBlue Jeansアプリをダウンロードすれば参加頂くことが可能です。

事前質問
Webinarにて聞きたい質問を予め募集します。以下のリンクから受験プロセス、学校の特徴・校風、カリキュラムまたは現地での生活等について、何でもお気軽にご質問ください。https://goo.gl/UPEM9U

フライヤー
「Kellogg在校生によるWebinar (2018年5月26日)」のお知らせ

 

 

在校生・卒業生による学校説明会(2015年8月9日)のご案内

下記のとおり、2015年8月9日(日)、東京にて、MBA受験生のみなさまを対象としたKellogg在校生・卒業生による学校説明会を開催致します。詳細は本記事末尾に添付のフライヤーも合わせてご覧ください。

【日時】 2015年8月9日(日)14:00(開場13:30)-17:00(予定)

【場所】 フクラシア東京ステーション 会議室D

(〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル6F)

  • JR東京駅・地下鉄大手町駅 地下直結
  • JR東京駅 日本橋口徒歩1分
  • JR地下鉄大手町駅 B6出口直結
  • Tel:050-5265-4805(予約センター)

【内容】 1.在校生によるKelloggの紹介、2.卒業生によるパネルディスカッション、3.個別Q&A (進行は日本語で行う予定です。)

【申込要領】 ご参加いただける方は、下記URLよりご登録をお願い致します。

https://apply.kellogg.northwestern.edu/register/TokyoAmbassador-201589

席に限りがありますので先着順にて定員になり次第申し込みを締め切らせて頂きます。

なお、本説明会は、日本に活動の拠点をおくKelloggの在校生・卒業生が自主的に企画するものであり、出願審査とは一切関係ございません。インフォーマルな形式の会ですので、カジュアルな服装でお越しください。

Kelloggについてのご理解を深め、エッセイ・インタビューに向けたご準備にお役立ていただける良い機会かと存じますので、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

*詳細は添付フライヤーご参照下さい。

KACJInfoSession2015_EventFlyer_20150809.pdf

 

Private Equity Labの紹介(2015年版、2/2)

Class of 2016 のMSです。前回に引き続き、今回は私個人の体験を共有できればと思います。

動機

私の場合、日本でPE業務にそれなりに関わっていたこともあり、周囲からは「なぜわざわざ参加するのか」と聞かれましたが、下記のような動機に基づいてトライしました。

  •  日本でPE投資に関わってきた者として、米国市場がどのような進化を遂げているか、肌で感じたかった。
  • MBAの授業がアカデミックに寄っている部分もあり、実務の勘を忘れないようにする&自分のスキルが通用するか試したかった。
  • サマーインターン前にアメリカ人と仕事をする機会を作っておきたかった

金融バックグランドを持つ学生の割合が比較的低いKellogg生の中では、私のような学生は稀と思いますが、それがSelectionの早い段階でオファーをもらえた要因かと思います。そういった観点で日本人であっても金融バックグラウンドおよび金融キャリア志向であれば、オファーを受けやすいのではと思います。

働き方及び10週間の業務内容

NYのPEファームでのインターンということもあり、すべてのコミュニケーションはメールと電話で行いました。具体的には週のうち火曜と金曜は完全にこのプロジェクトのために空けておき、Kelloggのグループワークの部屋を一日中一人で借り切って業務に当たる、という結構ストイックな働き方をしていました。(シカゴのPEファームにアサインされた学生は一週間に一日はオフィスで働く、という形式が多かったように思います。)

具体的な業務内容は下記の通りです。先方のファームが「こいつ本当に使えるのか」モードから「まあ任せていいか」モードに変わっていったのが分かると思います。

【1-2週目】

  • オークションの案内資料をもらいコメントを求めらる。こちらのコメントをベースに何をどれだけできるかを伺っている様子。

【3-5週目】

  • ポートフォリオ会社を活用した別の投資機会の検討を行う。SPCレベルでのFinancial モデルを作成。
  • この辺りから「こいつは日本人だからアメリカのニッチな業界を調べさせるのは酷だけど、モデルや投資の評価をさせるのはできそうだ」という評価を得始めたように感じる
  • 新規投資家へ説明するための想定している前提とリターンをまとめ、資料作成をサポート

【5-7週目】

  • 筋の良さそうな投資案件のInitial Lookを任される。Exclusiveディールとはいえ、情報が限定されているため、外部情報をできるだけ活用しながらOperating CaseとReturn modelを作成。Key DDポイントとディールストラクチャーを検討

【8-?週目】

  • 投資委員会に上記案件をかけようということになり、プレゼンを任される。パワーポイントで20枚程度のDeckを作成、マネジングディレクターおよびOperating Partnerに対して我々のビューを共有しネクストステップを議論(と言っても私のタームは終わるのでそこには関われないのだが)

Learnings

守秘義務を締結しているため詳細は記述できませんが、限られた時間の中でも、

  • Arbitrageを出す源泉としてのインダストリー及びオペレーションへの知見の高さ(=他人が知らないことを知っている、他人ができないことができる)
  • M&Aプロフェッショナルとしてのディールチームのスキルの高さ。一緒に働いた方はクロージング、DD、ファイナンシング等をマルチタスクで完璧にこなしていました。アメリカでプロフェッショナルと呼ばれる人材は総じて非常に優秀です。
  • ガバナンスを効かせた投資先選定のディスカッション(当たり前ではありますが、シニアメンバーがそれぞれ意味のある議論を凄まじいスピードで展開していきます)
  • 非常にLeanな組織体制

といった点が競争優位性として存在していることが実感できました。

このPEファーム、創業されてからまだ一年しか経過していないのですが、この半年で3件をクローズ、私の案件が無事通れば4件目と投資を活発に行うことができており、そのパフォーマンスの背景にはこういった考えが原理原則として運用されているのだと思います。

個人的にも今後自分がプロフェッショナルとして生き残る為に、どう差別化すべきかを考えるよい機会となりました。

 

最後に

Private Equity LabはPE投資が誕生した国でPE投資の現場を経験できる、非常にチャレンジングかつ(ボラティリティはあれ)大きな学びが得られるプロジェクトです。学生としてリスクがほぼない状況でこのような機会を享受できるというのは、MBAでなければ絶対にないと思いますし、Kelloggの中でもキャリアと強くリンクするユニークなものだと思います。

金融業界、M&A等にバックグラウンドおよび興味のある方々にとっては非常によい機会ではないかと思います。

Private Equity Labの紹介(2015年版、1/2)

Class of 2016のMSです。

これから二回に分けて、Private Equity Labについてご紹介したいと思います。

まずはPrivate Equity Labの概要から。

担当教授はDavid Strowell教授で、アドバイザリー業務及び投資の実務経験があり、その結果として、幅広いネットワークを持っている方です。(ちなみに、Davidさん、米系投資銀行の日本オフィスでも働いたこともあり、日本語も若干話せます。)

さて、このLabはExperiential Learningの一つに分類されており、内容は至ってシンプル。1ターム丸ごと使って、一人でどこかのPEファームで働いて来なさいというものです。

そして、シンプルが故に他のExperiential learning系のクラスと大きく異なる特徴があります。

  • 学生同士のグループワークではない。全米各地のPEファーム約20?30社それぞれにアサインされるのは基本的に一人で、その期間中は一人のセミプロフェッショナルもしくはインターンとして扱われる。
  • いつどこで働くかはPEファームと生徒間で決めてよいが、一週間に20時間はそのPEファームにコミットすることが必要。 
  • 各PEファームは彼らの業務に具体的に貢献できる学生を希望している。そのときのディールパイプライン、ポートフォリオ企業の状況によるが、彼らにリソースのニーズがある分野で何かしら実務経験があることが求められる。 
  • その為、マッチングのプロセスが就職活動に近い。Resumeを提出後、各ファームが経歴をチェックして何人かに面接をオファー(この時点で声がかからない学生も多数)、その結果を経て各ファームが一人の学生にインターンをオファーする、というもの。

要は“Kelloggのネットワークを使って、PEファームで働く機会を提供するので後は好きにしなさい”というスタンスのプログラムとなっています。実際、ターム中、教授と生徒同士のコミュニケーションは3回しかなく、その目的も生徒とPEファーム間でトラブルが起きていないかを確認することが主目的となっています。

また、一口にPEファームと言っても、ほぼスタートアップに近いサイズの企業に投資するファーム、Search Fundとして特定の業界で投資機会を提供することに特化しているファーム、そして自分の資産を運用するために立ち上げたPEファーム、Funds of FundsとしてPE投資に関わっている投資顧問会社、、と非常に多様なファームで働く機会が提供されています。

よってこのLabは、幸運にもSelectionプロセスを通り抜けた生徒一人一人が、異なるタイプのPEファームで業務経験を積み、その結果得られる学びも多種多様(非常にボラタイル)、という性質のものになっています。

そのため、このLabに対する印象は学生によってかなり異なると思います。自身のポテンシャルを証明し、そのファームでのサマー・インターンシップを獲得する学生もいれば、残念ながら作業屋として扱われて自分のリソースを提供するだけに終わってしまう学生もいます(このケースはKelloggとファーム間で期待値の調整が別途行われることが多いようですが)。

それでもこのLabが学生から非常に人気が高く競争率も高いのは、PE投資プロフェッショナルというキャリアへの興味が高く、経験者の語るチャレンジングな内容が学生の意欲を駆り立てるからでしょう。

 

私の場合は、マッチングの第一ラウンドで4社からインタビューのオファーがあり、結果としてNYのPEファームからリモートワークでのオファーをもらうことができました。その内容は別途、投稿します。