イギリスの小規模校とケロッグの比較(交換留学を終えての所感)

Class of 2017のYK(2)です。

 

先学期(冬学期)に交換留学でスコットランドのエジンバラ大学へ交換留学をしてきたので、そこで感じたことを書きたいと思います。交換留学プログラム自体についての説明はもう一人のYKが以前書いてくれているのでそちらをご参照ください。

 

ケロッグ在学中の6クォーターのうち1クォーターを使ってエジンバラ大学へ行った形ですが、その決断には非常に満足しています。エジンバラはヨーロッパの中でももっとも美しい街の一つに数えられるところで、2か月半ほど滞在しましたが、毎日荘厳な街並みに感動しながら過ごし、生活していて決して飽きることがありませんでした。またもう一つ別のMBAを体験できたことも貴重な経験になりました。エジンバラ大学MBAはケロッグとはあらゆる面で異なっています。MBAプログラムは一年制のみ、クラスサイズは40人(!)ほどで、2Yプログラムだけで1、2年生を合わせて1000人以上いるケロッグとは全く趣が異なります。以下散発的ですが思いつくままに面白いと感じた両校の差異について書きたいと思います。

 

・クラスサイズ
まず一番の違いはクラスサイズで、MBA全員でケロッグの1セクションの人数にも達しません。デメリットは多くの人と知り合い人脈を広げる機会が限られてしまうところですが、逆にメリットとしていつも同じメンバーで顔を合わせるので、深い人間関係を築くのが容易だと感じました。ケロッグだと一度知り合った人と何か月、下手をすると一年以上も会わないといったことがあるので、人間関係を築きメンテナンスしていくためには定期定期にランチをするなど、意識的に行動する必要があります。

 

・カルチャー
同じ欧米のくくりでもカルチャーが全く異なりました。ケロッグは国際色豊かといえども、6割くらいがアメリカ人で残りのインターナショナル生の多くの人がアメリカの大学を卒業しており、アメリカンカルチャーが強い学校です(フレンドリーで開放的で明るい)。対してエジンバラMBAはイギリス人やイギリス文化が好きなインターナショナル生が集まっているので、もっと日本的で奥ゆかしいカルチャーを感じました。日本人の自分としてはエジンバラMBAの方が過ごす方が圧倒的に「楽」でした 笑。年齢もケロッグが20代後半から30代中盤がほとんどなのに対し、エジンバラMBAは3割くらいの学生が30代後半~40代中盤くらいでして、これも落ち着いた雰囲気を醸し出す理由になっていたと思います。また、ランキングで言ってしまうとエジンバラMBAは決して高い位置にいませんが(学生の人数が少ないから仕方ない)、学生はみな非常に優秀でモチベーションも高く、優秀さに関してはケロッグの学生と比較しても大きな違いはないと思いました。エジンバラMBAの学生はそもそもイギリス国内やエジンバラMBAしか受験していない人も多いようで、決してアメリカやヨーロッパのMBAの受験競争に敗れた人たちではなかったです。

 

・授業
授業の質と学びの多さについてはケロッグに完全に軍配が上がると思います。感覚的にはエジンバラMBAの一つの授業で学べることはケロッグの授業の5割~6割程度でした。これはエジンバラMBAが1Yプログラムなので一つ一つの授業で詰め込み過ぎて学生をオーバーフローさせることを防ぐ意味で仕方のないことかもしれませんが、かなりの開きを感じました。またクラスの選択肢についてもかなりジェネラルなものに限られてしまい、ヘルスケアや不動産、教育など、特定の分野に興味がある人は満足できないと思います。扱うケースについてはイギリスやヨーロッパの企業のケースがちらほら入るものの、AppleやGEなどアメリカのメジャーな企業のケースも多かったです。また理論についてはポーターやクリステンセンなどのアメリカの経営学者のものがほとんどで、ビジネスクール業界におけるアメリカの影響力の大きさを実感しました。もう一点面白かったのは、実用性に重きを置くビジネススクールではあるもののエジンバラMBAはケロッグにくらべアカデミックな要素が強く、例えばレポートを書く際にも、信頼がおける学術誌からの引用を最低いくつあげること、などの要求がありました。ケロッグでは引用を要求されたことは一度もなかったので、ここはヨーロッパの学校とアメリカの学校のアカデミックを重視する度合の違いが表れています。

 

・授業以外の活動
就活、ネットワーキング、クラブ活動などの機会は学校のサイズからして当然ですが、ケロッグの方が圧倒的に多いです。また、エジンバラMBAはスケジュールの過密度合が非常に高いため、旅行をしたり飲みに行ったりする時間はあまりないようでした。よってMBA生活に授業以外にも充実度合を求める人にはあまり向かないかなと思いました。

 

まとめとして、ケロッグと全く異なる学校での生活を経験できたのは非常によかったです。授業というよりも、ヨーロッパの歴史やビジネス文化についての理解の幅を広げることができたのが収穫でした。交換留学にはケロッグでの授業を1クォーター分諦めなくてはならないなどのトレードオフがありますが、皆さんもMBA留学中の交換留学をご検討されることをお勧めします。

入学までにしておくと良いことは?

MMMプログラム2年生のE.Sです。

受験生や合格者からしばしば「入学までにしておくと良いことはありますか」という質問を受けるのですが、私がお勧めしたいのは勉強でもリサーチでもなく「自分の趣味を磨いておく」ことです。ビジネススクールにくる学生は興味深い経歴を持っている人ばかりですし、出身国も多種多様です。したがって自分の仕事や国の話だけでは十分に話が広がらないことも意外と多く、出身や専門分野以外の話題を持っておくというのは日本にいるときよりもはるかに重要ではないかと思います。色々なバックグラウンド・様々な地域の人と交流をして豊かな留学生活を送るという意味でも、何かしらの趣味をもっていると多くのメリットがあるというのが私の印象です。

第一に交流範囲が広がります。私はノースウェスタン大学のクラブにも所属しているのですが、そういう機会でもないとビジネススクールの学生ばかりと交流することになり、学部生や他学部の学生と知り合うことはほとんどないのではないかと思います。第二に名前を覚えてもらえやすくなります。これは千人以上のビジネススクールともなると重要で、顔と名前が一致するだけでも大変な中、ユニークな趣味や特技があると友人からも覚えてもらいやすいものです。私はケロッグに来てから学生時代の趣味だったテーブルマジックをまた始めるようになり、クラスメートからは「マジックをやる人」として覚えてもらえるようになりました。第三に共通の趣味をもつ友人とは、授業や課題を通じて知りあった友人よりも親しくなりやすいものです。私は趣味でピアノを弾くのですが、友人に簡単なピアノを教えたり子供の誕生会で演奏したりするうちにとても親しい友人ができるようになりました。

趣味を磨くといっても、全員に披露できるような技術を身につける必要は全くありません。入学したときに、自分の好きなことや興味のあることを紹介したり英語で説明したりできるようになっておくことだけでも十分だと思います。幸いケロッグには数多くのクラブがあり、他の学生と交流する機会も多いので、あとは自然と仲間がみつかっていくはずです。早い段階で良い友人・仲間がみつかれば、そのあとの勉強や留学生活も比較的スムーズに進んでいくのではないかと思います。入学まで少し時間があるのであれば、ぜひそれまでに自分の趣味や特技をいま一度思い返し、楽しく実り多い留学生活をスタートしてもらえればと思います。

Diversity and inclusionの活動について

2年生のSayokoです。ケロッグにはDiversity & Inclusionにまつわる多くの学生団体やイベントがあります。こういったクラブを一つずつ紹介してもいいのですが、淡々としたつまらない記事になりそうなのと、実際に私の体験談を紹介したほうが伝わりやすいかと思いますので、勝手ながら最近のことを紹介させていただきます。

ケロッグは毎週何かをテーマにしたイベントがあるのですが、先月のある週はWomen’s Business Association (WBA)という学生団体でした。その週のイベントにいくつか参加しましたが、ある日は教授とのランチで事前に2つの記事を渡され、それについて参加した学生10人くらいとディスカッションをするというものでした。ディスカッションは色々な問題について触れられましたが、自分でも感じていたテーマが取り上げられました。それは問題意識のある人しか参加や共鳴の意思がみられない、という根本的な問題です。興味のある人がいくら話したところで、興味のない人が大勢いれば流れを変えていくのは難しいということです。この問題はケロッグについてもいえることで、つい先日もKSA(生徒会)主催で別の数人と2時間色々とケロッグのDiversity & Inclusionについて話しました。結論は何か催しをする時、Diversity & Inclusionという文言をあえて使わない方がより幅広い人が集まってくれるので効果的なのではないかという提言でした。

また別の話を紹介すると、WBAが主催するWorking as an international womenというlunch & learn (昼食時間に主催する催し物)にパネリストとして参加しました。私は頼まれて参加しましたが、最初はなんとなく気が乗りませんでした。なぜかというと、私はテーマ自体が被害者妄想のような感じに聞こえたからです。女性だから日本人だからといったマイノリティーを理由に不利な状況が生み出されるという考えは全くなく、人種差別や外見的な理由を自分に結論付けるのは自分の力不足、努力不足を棚に上げているだけだと思うからです。私がアメリカで働いたばかりの時に直面した課題を紹介しましたが、上記の自分の考えを正直に言いました。その後、それを聞いてくれた人が私の話にとっても共感したと何人か話してくれて、仲間の存在がいることで強くなれる人がたくさんいると感じられたので参加した意味があったなぁと思いました。その数日前の似たテーマでのパネルディスカッションを聴講したとき、パネリストらが差別とも思えるような体験も含め様々な壁にぶつかったことを共有してくれました。しかしながら、誰一人として自分は被害者だと認識した人は皆無でした。自分に与えられた困難を乗り越える、苦境があるからこそ人間として成長し、相手の立場を理解できる人になれるということをつくづくと感じました。

Diversity & Inclusionについての別の問題点としては全ての人は無意識の偏見を持っているという事実です。女性がなかなかビジネスで出世していくのは難しい、という問題はアメリカでも頻繁に取り上げられる話題です。つい先日キャンベルスープの元CEO、Douglas R. Conantの講演がありました。彼が社長に就任したとき、男女不平等は明らかであり問題視したため、女性に男性と平等の機会を与えることに非常に意識的に行った、という話です。なぜ彼がこの問題について取り組んだのか。それはある時「もし自分のようにCEOになるまでに与えられた機会が自分の娘には与えられなかったらどうだろう?」という質問が浮かんだそうです。もちろん彼は娘には自分と同じような機会に恵まれた環境であって欲しい。それは言い換えれば他の女性社員にも同じことである、というのが彼が男女平等に機会を与えるよう努力したきっかけです。人間自分と似た人に共感を覚えるという無意識の偏見があります。皆が皆彼のように娘がいるわけでも、彼のような疑問を実行に移すわけでもない。しかしながら、一人でもDougのように行動したら状況は良くなるのではないかと感じました。ケロッグの良さはそういうことを開放的な環境で話し合うことが出来ること、自分が思っている言いづらいことを問題定義しこういった場を設けてくれる人が数多くいること、問題意識を素直に共有し解決策に取り組もうという人が多く存在することだと思います。この問題は大きな社会的課題もありますが、草の根運動のように地道に改善していけたらと思います。

2016年8月13日(土)Kellogg在校生・卒業生による学校説明会のお知らせ

下記のとおり、2016年8月13日(土)、東京にて、MBA受験生のみなさまを対象としたKellogg在校生・卒業生による学校説明会を開催致します。詳細は本記事末尾に添付のフライヤーも合わせてご覧ください。

【日時】 2016年8月13日(土)15:00(開場14:30)-18:00(予定)

【場所】 フクラシア東京ステーション 会議室D

(〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル6F)

  • JR東京駅・地下鉄大手町駅 地下直結
  • JR東京駅 日本橋口徒歩1分
  • JR地下鉄大手町駅 B6出口直結
  • Tel:050-5265-4805(予約センター)

【内容】 1.在校生によるKelloggの紹介、2.卒業生によるパネルディスカッション、3.個別Q&A (進行は日本語で行う予定です。)

【申込要領】 ご参加いただける方は、下記URLよりご登録をお願い致します。

https://apply.kellogg.northwestern.edu/register/FT-Events-AmbassadorTokyo

席に限りがありますので先着順にて定員になり次第申し込みを締め切らせて頂きます。

なお、本説明会は、日本に活動の拠点をおくKelloggの在校生・卒業生が自主的に企画するものであり、出願審査とは一切関係ございません。インフォーマルな形式の会ですので、カジュアルな服装でお越しください。

 

Kelloggについてのご理解を深め、エッセイ・インタビューに向けたご準備にお役立ていただける良い機会かと存じますので、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

KACJInfoSession2016Summer_EventFlyer_160813.pdf

2015年12月16日(水)コーヒーチャットのお知らせのお知らせ

今般、一時帰国する在校生の主催により、下記要領にて、受験生の皆さまとのコーヒーチャットを開催することとなりました。当日は、Kellogg卒業生も交え、学校生活、キャリア及びMBA受験等について、ざっくばらんにお話をできればと思っております。

参加をご希望の方は下記のリンクからお申込み下さい。

尚、席に限りがありますので先着順にて定員になり次第申し込みを締め切らせて頂きます。

参加登録URL: https://apply.kellogg.northwestern.edu/register/FTCampaignPAmbassadorEvent121615

日時: 2015年12月16日(水)19:00開始-21:00終了予定
場所: AP東京八重洲通り 会議室S (東京都中央区京橋1丁目10番7号KPP八重洲ビル7階)
•    JR「東京」駅八重洲中央口から徒歩6分
•    銀座線「日本橋」駅から徒歩5分・「京橋」駅から徒歩4分
•    都営浅草線「宝町」駅から徒歩4分

なお、本コーヒーチャットは、Kelloggの日本人在校生・卒業生によって自主的に企画されたものであり、出願審査とは一切関係ございません。インフォーマルな形式の会ですので、カジュアルな服装でお越しください。

年末のお忙しい時期かとは存じますが、本会は、Kelloggについての理解を深め、エッセイ・インタビューに向けた準備にお役立て頂ける良い機会かと思います。皆さまのご参加をお待ちしております。

*詳細は添付フライヤーご参照下さい。

KACJInfoSession2015Winter_Coffeechat_EventFlyer_2015.pdf

 

Kellogg Official Information Session開催(7月8日)のお知らせ

7月8日にAdmissions Office担当者が来日し、以下のとおりOfficial Information Sessionを開催します。

 

【日時】:2015年 7月 8日(水) 19時00分開始、21時15分終了予定

【場所】:東京都中央区京橋1丁目10番7号 KPP八重洲ビル7階 P+Q会議室

【内容】:第一部: Admissions Officerによるプレゼンテーション / 第二部: 卒業生によるパネルディスカッション / 第三部: 個別 Q&A (学校説明及びパネルディスカッションは英語で行う予定です)

【申込要領】:以下URLよりお申込み下さい。

https://apply.kellogg.northwestern.edu/register/FTMBA-P-TokyoInfo-20150708 

 

*詳細につきましては添付フライヤーをご参照下さい

 

Kellogg Info Session 2015.pdf

 

直接Admission担当者にご質問をいただく数少ない機会となっております。当日はお会いできるのを楽しみにしております。

在校生・卒業生によるコーヒーチャット開催(2014年12月22日)のご案内

今般、一時帰国する在校生の主催により、下記要領にて、受験生の皆さまとのコーヒーチャットを開催することとなりました。当日は、Kellogg卒業生も交え、学校生活、キャリア及びMBA受験等について、ざっくばらんにお話をできればと思っております。

参加をご希望の方は下記のリンクからお申込み下さい。

尚、席に限りがありますので先着順にて定員になり次第申し込みを締め切らせて頂きます。

参加登録URL:

http://www.kellogg.northwestern.edu/programs/full-time-mba/admissions-events/events-near-you.aspx

日時: 2014年12月22日(月)19:00開始-21:00終了予定

場所: AP東京八重洲通り 会議室F (東京都中央区京橋1丁目10番7号KPP八重洲ビル12階)

  • JR「東京」駅八重洲中央口から徒歩6分
  • 銀座線「日本橋」駅から徒歩5分・「京橋」駅から徒歩4分
  • 都営浅草線「宝町」駅から徒歩4分

なお、本コーヒーチャットは、Kelloggの日本人在校生・卒業生によって自主的に企画されたものであり、出願審査とは一切関係ございません。インフォーマルな形式の会ですので、カジュアルな服装でお越しください。

年末のお忙しい時期かとは存じますが、本会は、Kelloggについての理解を深め、エッセイ・インタビューに向けた準備にお役立て頂ける良い機会かと思います。皆さまのご参加をお待ちしております。

 

*詳細は添付フライヤーご参照下さい。

 

KACJInfoSession2014Winter_Coffee chat_EventFlyer.pdf

 

 

 

2014年3月度のTGに関するお知らせ

20143月度のTGについては、GIM (Global Initiative Management) Japanコース(※)の一環で日本を訪れる在校生・教授の全29名を迎えたレセプションとの併催を予定しております。これに伴い、通常の日時・場所と異なり、以下の通りとなりますのでご留意ください。いつものTGにも増して、Kelloggの雰囲気を体感できる良い機会ですので、皆様是非ご参加ご検討ください。 

 

日時:328日(金) 19:00 – 21:00

店名:春秋 溜池山王店

住所:千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー27

地図:http://shunju.com/tameike/access

電話:03-3592-5288

会費:追ってお知らせします。

(※)ご参照:

http://www.kelloggalumni.jp/Prospective/curriculum/gim.html

 

ご出席希望の方は、お手数ではございますが、321日(金)までに、ご氏名・ご勤務先・ご連絡先を合わせて、メールにて開催事務担当・富原(tomihara-sayaka@meti.go.jp)にご連絡頂けますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

なお、これまで大変お世話になりましたロウリーズ・ザ・プライムリブ東京様の赤坂での営業終了(20143月)に伴いまして、今後のTGの運営を刷新する予定です。近日中に概要を公表致しますので、ケロッグ・ビジネススタイル・ジャパンのウェブサイト(http://kelloggbiz.jp/club/tg/)を定期的にご確認頂きますようよろしくお願いいたします。

在校生・卒業生によるコーヒーチャット開催のご案内

今般、一時帰国する在校生の主催により、下記要領にて、受験生の皆さまとのコーヒーチャットを開催することとなりました。当日は、Kellogg卒業生も交え、学校生活、キャリア及びMBA受験等について、ざっくばらんにお話をできればと思っております。

参加をご希望の方は下記のリンクからお申込み下さい。
尚、席に限りがありますので先着順にて定員になり次第申し込みを締め切らせて頂きます。

参加登録URL: https://kellogg.askadmissions.net/Portal/EI/ViewDetails?gid=623577d444914d7882430886c9af7814ba4810

日時: 2013年12月26日(木)19:00開始-21:00終了予定
場所: 東京都港区赤坂2-17-22赤坂ツインタワー東館 カンファレンスルーム8C(溜池山王駅より徒歩1分、赤坂駅・国会議事堂駅より徒歩7分)

なお、本会はKelloggの日本人在校生・卒業生によって自主的に企画されたものであり、出願審査とは一切関係ございません。インフォーマルな形式の会ですので、カジュアルな服装でお越しください。

年末のお忙しい時期かとは存じますが、本会は、Kelloggについての理解を深め、エッセイ・インタビューに向けた準備にお役立て頂ける良い機会かと思います。皆さまのご参加をお待ちしております。

課外活動

Class of 2014のY.S.です。1月のエバンストンは、最低気温がマイナス20℃になる日があったり、最高気温が20℃近くになる日があったり、寒暖の激しい日々が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。さて、Kelloggは他校と比較し、課外活動が活発に行われていることが特徴的だと思いますので、今回は、私が取り組んでいるいくつかの課外活動についてご紹介したいと思います。これを通じて、少しでもKelloggの魅力を感じ取っていただければと幸いです。

(1)    Inner City Mentoring Club(”ICMC”)
シカゴの貧困街にある小学校(Holy Angels)を定期的に訪問し、授業を行うボランティア活動です。Holy Angelsは生徒が全員が黒人で、治安が決して良いと言えない地域に所在しています。活動の目的は、Kelloggの学生との交流を通じ、子供たちの世界や考え方を広げ、彼ら彼女らの将来に対してポジティブな影響を与えることにあります。
ビジネススクールは、これまでの仕事や自らの既成概念から一旦距離を置き、ニュートラルに考えることが出来る場所だと思います。私は、時間的かつ精神的なゆとりが出来た中、これまであまり経験のなかったこのようなボランティアに挑戦したいと思いました。参加してから約半年が経過しますが、勉学では得られない学びがあり、非常に貴重な経験となっています。ICMCでの経験を簡単にまとめました。
*    コミュニケーション・プレゼンテーション力の向上
ICMCは、グループで授業内容を計画することから始まりますが、子供たちに興味を持ってもらいつつ、意味のある(=影響を与えることができる)授業の立案が求められます。また、子供たちの前で授業を行う際にも、子供たちの反応を見ながら、自分の言葉がどのように彼ら彼女らによってどのように展開され、伝わっているのか、意識しながらコミュニケーションをすることが必要です。これはビジネスでも共通して必要なスキルだと思いますが、英語環境かつ子供たちが相手だとよりかなり苦戦します。一方、試行錯誤しながらやる分、それ以上のやりがいも感じます。まだまだ目標は道半ばですが、子供たちが大人になった時に自分の言葉を少しでも覚えていてくれたらそれ以上の幸せはないと思います。
*    自分にエネルギーを与えてくれる
子供たちは、本当に素直で、廊下で私たちを見かければ50m先から私たちの名前を呼んで駆け寄ってきます。彼らには、大人の世界の差別という概念はなく、日本人である私にも先入観を持たず、分け隔てなく接してくれます。授業の時間一杯まで、「魚の絵を描いて」とか「日本語を書いて」とか様々なお願いをされます。なんか癒されます。ただ、6?7歳といっても、みんな自分の大きな夢を持っており、一生懸命話してくれたりすることには驚かされたりします。子供たちとの交流は、自分がいつしか失ってしまったものを気づかせたり、勉強で疲れたときなどは自分の気持ちををリセットしてくれます。

(2)    Admission Committee(”アドコム”)
Kelloggの魅力のひとつは学生主導にあると思いますが、アドコムはそんな魅力を象徴する組織ではないかと思います。アドコムは、選抜された学生数十人によって組織され、入学候補者の審査に直接関与しています。チームは、ReadingとInterviewに分かれていますが、私はReadingチームに属しています。詳細はあまり書けないのですが、アドコムの魅力等について記したいと思います。
ビジネススクールで勉強していると、やはり組織の最大の財産は「人」だと再認識させられる場面が多々ありますが、現役の在校生が、次世代の学生を真剣に選んでいくことで、Kelloggの組織としても強みが継承されているのかなと思っています。このように学生がこうしたプロセスの一端を担えるチャンスが与えられていることはKelloggの大きな魅力ではないでしょうか。
かなりの人数のアプリケーションを読み込むため、決して楽な仕事ではあるのですが、定められた基準の中で各アプリケーションに表れる個性やその出来の良し悪しが分散している様を見ると、コミュニケーションの難しさや重要性を身に染みて感じますし、物事を客観的に見る視点が養われる気がします。
また、アドミッションオフィスとも連携しながら仕事をこなしていくため、Kelloggの審査基準の他、アドミッションの戦略等、なかなか知りえないアドミッションの裏側を知ることもでき、とても興味深さを感じながら取り組んでいます。