シカゴブルズ観戦記

Class of 09のIMです。
今日は、一年の中でも、Super Bowlと並んで最もワクワクする何日かのうちの一日。NBAオールスターゲームの週末だ。先ほどまで、ビールで飲んだくれながら、家でスラムダンクコンテストを見ていた。

opening (2).jpg感想は一言、『とっ、とんでもねえっ。。。』
昨年の覇者、Gerald Greenの、『ダンクをしながら、リングとボードの付け根に置いてあるバースデーケーキのロウソクの火を吹き消す』という、クリエイティブなんだが、なんだそのMonstrousな滞空時間は!!というダンクシュートを見せ付けられ、こいつは文句無しで優勝は決まったかな?と思ったその矢先。次代のNBAを担う「あの男」が、やってくれました。過去のNBAの歴史の中でも見たことが無いような超人的なフィジカル、すなわち、ため息の出るような完璧な骨格と、文字通りマンガみたいな身体能力の持ち主で、しかも今年のオールスターゲームの東軍のスターターでもある、Dwight “Superman” Howard。アリウープなのに右手でボールを一回ボードにタップして左手でそれをキャッチして派手にリングに叩き込むという、「つかこれはアン・リー監督のワイヤーワーク映画か!?」と見まがわんばかりの、新時代の幕開けを感じさせる驚愕ダンクシュートを見せ付けてくれた。(そして僕はブォッホーッと思わず派手にビールを噴き出してしまいました。。。奥さんごめんなさい)

さて、そんなテンションに乗って、今回は趣向を変え、番外編。学校の外での生活、シカゴライフ関連ということで、プロバスケ(NBA)のことについて書いてみようと思う。学校外での出来事も含めてこそのMBA留学、アメリカ生活という面もあると思うので。

続きを読む シカゴブルズ観戦記