Kellogg Corpsについて

2年のSayokoです。今日は私の大好きなクラブKellogg Corpsについて紹介したいと思います。Kelloggでは社会的貢献に関連するクラブは全てNet Impactクラブの傘下に所属しており、その数はもはや数えきれないです。私がKelloggを選んだ理由の一つは非常に多くの学生が社会貢献に関心がある仲間に出会えることでした。実際入ってみると活動の幅が広いことに圧倒されます。

Kellogg Corpsは発展途上国で活動している非営利団体及び非政府団体に対し、MBAのスキルを使ってコンサルティングプロジェクトをボランティア活動として行うことを目的としています。昨年の春休みに4名のケロッグ生とともにネパールのカトマンズ近郊のWomen Lead Nepalという非営利団体で10日間プロジェクトに参画しました。この団体は、女子高校生30名に1年間のMBAコースのようなものを提供し、女性の社会進出を支援しており、寄付金は主にアメリカから集められています。

私はアメリカ在住して早いもので8年目に入りますが、実はKelloggに来るまで海外旅行をほとんどしたことがありませんでした。私はあまり観光客が体験する作られた旅行にあまり興味がなく、どちらかというと現地の人と接する旅行や社会貢献できることに楽しさを感じるタイプです。なので、Kellogg Corpsの目的と自分のやりたいことが合致していました。特に、私は大勢の人たちより少数の友達と関係を築くことが好きで、ケロッグ生5人という規模もとてもよかったと思います。Kellogg Corpsは働く先を紹介し、実際のプロジェクトの詳細やらはほぼ全て現地にて参加者が取り組み、旅行の予定やホテル等も自分たちで手配するという形をとっている分、他のグローバルプロジェクトより融通が利きます。

私は出発のぎりぎりまで課題やら期末試験やらに追われていたこともあり、プロジェクトの準備は皆無で現地に向かいました。夜遅く到着し、信号はなく、タクシーのおじさんは高速で逆走を続けるという先進国では考えられない歓迎から始まりました。ネパールは地域交代で夜間はほぼずっと停電でした。初日も例外ではなく、外は真っ暗でした。ネパールの人は明るく、ホテルの人は親日派で初対面から日本語で一生懸命話してくれてたのを覚えています。ほとんどの道が舗装されていないので、埃がすごかったので、マスクをどこで買えるかホテルの人に聞くと、なんと即マスクを薬局で買ってきてくれて親切さに驚きました。途上国だとチップを求められるのかなぁと思い込んでいたものの、50 Nepal Rupee(日本円で50円)と言われた時には物価の低さと親切さで二重に驚きました。私はネパールが発展途上国でアジアにあること以外何も調べずにやってきただけに、以外にも日本語知っている人が多いことも意外でした。

翌日からは徒歩でクライアントのオフィスまで20分くらい通勤し、ネパールの忙しい朝に交じって現地の人と同じように勤務する日々でした。日本と違い、色々な民族の人がいること、ほとんどの人は片言もしくは流暢に英語が話せることに感心しました。私のクライアントのNabinaはネパールのMBAを出ており、会計と財務を担当してました。色々と話を聞きながら彼女の業務について学ぶことから始めました。財務諸表の改善や予算組み立ての改善について始め依頼されていたものの、段々話を聞くうちにそもそも財務諸表を読める人がほぼいなく、予算も現行以上のものがあまり必要ないことに気づきました。一方でマニュアル作業の多さ、業務の重複を実感したため、作業の自動化を提案し、そちらにプロジェクトを移行しました。聞いたこともない会計ソフトではありましたが、何とか理解し、Nabinaが簡単に使えるように色々とセットアップし、研修マニュアルも作成しプロジェクトを完成させました。業務の効率化が図れたのでCEOからの反応はとてもよかったです。この団体が女性の社会進出を支援していることもあり、働いている人はみんな女性で、そのうち2名は大学中に日本で留学してたこともあり、日本での話を聞かせてくれたり、毎日女子校に戻ったような和気あいあいとした日々でした。仕事が終わるとケロッグの友達と夕飯を食べ、その後またプロジェクトを夜中まで進め、ホテルまでのタクシーを値切るだけ値切って帰宅するという毎日でした。週末はケロッグのみんなででヒマラヤ山脈の日の出を見ることから始まり、カトマンズの観光を楽しみました。丁度Holiというヒンズー教のお祭りとも重なってたこともあり、ヒンズー教や仏教、キリスト教の普及も垣間見ることができました。ご飯がシュウマイ(Momo)や、インドカレーを始め日本人に合ったものが多く、とてもおいしかったのも驚きの一つでした。振り返ってみると、私は始め何も期待していなかった分、見るもの体験するものの全てが新鮮で今までで1番楽しかった旅行でした。

あまりにも楽しかったので、このクラブと引き続きつながっていたいと思っていたところ、丁度マーケティングのポジションが空いているので入ってほしいと去年の部長に誘われ、現在はクラブの運営側に回っています。この夏にはウガンダやブラジル、ニカラグアのプロジェクトに取り組んだ友達から話を聞くことができました。どのプロジェクトもユニークで、それぞれいい思い出ができたようです。まだまだ小さなクラブですが、少しでも多くのケロッグ生がKellogg Corpsを通じて学生生活をより豊かなものになるようにお手伝いできたらうれしいなぁ、と思ってます。ぜひKelloggにいらっしゃったらKellogg Corpsを体験してください。きっと素晴らしい仲間と思い出ができるはずです。

Neighborhood Business Initiative

こんにちは。Class of 2014 のKSです。冬休みが終わりに差し掛かり、新学期が始まろうとしています。本日は課外活動の一つであるNeighborhood Business Initiative (NBI)についてご紹介したいと思います。優秀な教授陣による白熱した授業だけでなく、豊富な課外活動にチャレンジできる点もKelloggの醍醐味です。

NBIとは、主にシカゴ近郊で活動するプロボノや社会起業家に対してコンサルティングを行うプロジェクトです。5?6人の学生が1グループとなり、約3ヶ月間にわたってコンサルティングを行います。対象となるプロジェクトは、障害者向け教育制度の立案、食育サービスの価格戦略、ネイティブアメリカンの美術館のマーケティング戦略等、多岐に渡ります。生徒主導が根付いているKelloggらしく、生徒によってプロジェクトのクライアントを探し、コンサルティングに関する合意書を交わしたうえで、プロジェクトを開始するため、生徒主導の課外活動といっても皆本気で取り組みます。

私は、NBIとしては少し異色ですが、南アフリカにあるワイン会社がどのようにしたらアメリカでの売上を上げられるかというプロジェクトに取り組みました。数ある課外活動の中から私がそもそもNBIを選んだ理由は、(1)グループでプロジェクトに取り組む事でKellogg内で新たなネットワークを築きたい、(2)実践を通じてコンサルティング業務を学びたい、(3)社会起業家とは一体何者かを肌で感じたい、という思いがあったからです。NBIのプロジェクトは、各自でグループを作るのではなく、各自の希望プロジェクトを基に、NBI委員会によってグループメンバーが決められます。よって、同じ興味を持ちながらもこれまで全く話した事のないKellogg生と知り合い、共に働く事が可能となります。幸運な事に、私のグループメンバーのうち2人は大手戦略コンサルティング出身だったため、彼らとプロジェクトに取り組む事で、自然とコンサルタントの思考回路やプレゼンの仕方を学ぶ事ができました。社会起業家を肌で感じたいという点に関しては、プロジェクトを進める段階になって、クライアントは社会起業家ではないという事が判明したのですが、途上国でのビジネスにも興味があったため、結果的にはとても興味深いクライアントに出会う事ができました。

プロジェクト自体は紆余曲折しながら進んでいきました。クライアントから文面で頂いていたコンサルティングの希望スコープは3ヶ月では到底終わらない程多岐に渡るものであり、プロジェクト開始当初はクライアントが一番重要視している問題かつ3ヶ月間でクライアントのビジネス改善に効果的なスコープを特定するのに時間がかかりました。また、南アフリカにいるクライアントとのやり取りは電話が中心であり、顔が見えない中でのコミュニケーションは予想以上に大変でした。また、アメリカの顧客の味の好みを知るために、ワインテイスティングを行ったのですが、クライアントのワインは不評であるという結果になってしまい、結果を正直にクライアントに伝える必要性を感じながらも、どのようにクライアントい伝えるのが良いかという事に頭を悩ます事もありました。授業やテスト、他の課外活動との両立も簡単ではありませんでした。苦労した事を挙げれば限がありませんが、最後にクライアントから非常に感謝され、また苦労を共にする事でメンバーに一層近づけ、挑戦して本当に良かったと思っています。

今日はNBIについてご紹介しましたが、Kelloggにはこのような機会が山ほどあります。全部やりたくてもやり切れないくらいあります。課外活動に興味がある方は是非Kelloggの卒業生、在校生に聞いてみて下さい。夫々が全く違った経験ができるのもKelloggの面白さです!

ソーシャル・ライフ@Kellogg

こんにちは。一年生のY.Iです。このブログをご覧の皆さんはアプリケーションの準備に追われている頃でしょうか?私も昨年の今頃はエッセイの追い込み、インタビューの練習に追われて苦労していました。さて、お代ですが前回までの数回はCIMや授業についてなどアカデミックな内容が多かったので今回はソーシャルについてお話したいと思います。皆さんはMBAに何を求めていますか?知識、人脈、経験等、様々な事を得る機会がMBAには多くあります。中でも人脈や経験は会社にいては得られないものであり、学校の特徴が出やすいものだと個人的には思っています。Kelloggという学校はアメリカ人から見てもソーシャルな人が多く集まる学校(もちろん中にはソーシャルが苦手な人もいます。実は私も飲み会等は好きではなかったのですが、そんな自分を変えようとしています) であり、実際にこの学校にいる人はアメリカ人も含めほとんどの人が他の国の人、文化を尊重し受け入れてくれます。KWEST、グループワーク等、カリキュラムを通じて仲が良くなるというのもありますがKelloggの仲の良さはそれ以外に学外で行われるパーティーなどソーシャルなものを通じてより強くなっています。毎週火曜日と金曜日などの休みの前日(Kelloggは基本的に水曜日は授業がありません)に友達同士でBARに繰り出し夜遅くまで、飲み、語り合い、時には踊ったりしています。正直、最初の頃は英語もわからず、会話も弾まないので辛い部分もありました。しかし、皆こちらの言おうとしていることを理解しようとしてくれ、また向こうもゆっくり、わかりやすく話してくれます。ここで知り合いができると学内での活動にも繋がってきます。例えばマーケティングコンペティションやグループワークなどで声を掛けてもらえたり、逆に必要な人を知っていることでメンバーが集めやすくなったりします。

もう一つKelloggのソーシャルの目玉ともいえるものがあります。それは900人程度が参加するSki Tripです。このSki Tripは毎年行われており、今年もコロラドのSteamboatという所に1週間行ってきました。数多くのビジネススクールがありますが、これだけの人数で行くSki Tripがある学校は少ないと思います。この旅行では仲の良い人、6人?10人程度でロッジをシェアします。私も妻、タイ人、シンガポール人、マレーシア人といったメンバーでロッジをシェアしました。この旅行の醍醐味はスキーやスノーボードなどはもちろんのこと毎晩行われるパーティーにあります。このパーティーは少し変わっていて毎回違うテーマがあり、参加者はそれにちなんだコスチュームを着て参加するというものです。今年はRock&Roll、80’s、Fallen Empireなどがテーマになっていました。正直最初はコスチュームを買ったり、それを着てパーティーに参加するのは面倒だと思っていましたがやってみると面白く、また他の人のコスチュームが凝っていて非常に良い経験でした。このパーティーでも文化の違いを感じることができます。例えば日本人やアジア人が思うRock&Rollのイメージとアメリカ人が持つRock&Rollのイメージにギャップがあり、お互いにそれは違うだろと笑いながら言い合っていました。また80‘sも日本のものは皆さんもイメージできると思うのですがアメリカのものとなるとイメージできない方もいると思います。アメリカ人のコスチュームを見ているとなんとなくアメリカの80年代がわかったような気がしました。

このようにKelloggにはアカデミック意外にも多くのことを学ぶ機会があり、またKelloggにいる人たちの気質、雰囲気がそれらをより良いものにしていると個人的に感じています。キャンパスビジットに来ていただければ、その雰囲気を肌で感じることができると思うので機会があれば是非いらっしゃってください。

Facebookの生みの親Divya Narendra氏とのインタビュー

ここ最近、日本でもFacebookが盛んに使われているようだ。留学した当初はKellogg生の友達がFacebook friendsの大部分を占めていたが、最近は日本の友人から毎日のようにFriend Requestが来る。昨年に全米で大ヒットし、日本でも年初に公開されたFacebookの誕生秘話が満載の映画「ソーシャル・ネットワーク」の影響もあるのだろう。
実は、あの映画にも出てきたFacebookの生みの親の1人であり、ビジネスアイデアを盗用されたとしてFacebookの経営者を訴えたインド系アメリカ人のDivya Narendra氏が、KelloggのJD-MBAプログラムに在籍している。Kelloggにも大富豪の息子や社長令嬢などは数多くいるが、今やInternetの世界で飛ぶ鳥を落とす勢いであるFacebookのような会社を、実際に訴えた経験を持つ人はそんなにはいない。JD-MBAとは、3年間でLaw schoolとMBAのdegreeが一緒に取れてしまうプログラムである。今回インタビューワーの1人のクラスメイトでもある彼に「話を聞かせて欲しい」と頼んだところ2つ返事で引き受けてくれた。今後、Social Networkの歴史に名を残すことであろう彼とのインタビューをこのブログでシェアしたい。

 Divya1-320.jpg

(写真左側:本物のDivya, 写真右側:映画に出てくるDivya)

続きを読む Facebookの生みの親Divya Narendra氏とのインタビュー

ビジネススクールでの友人講

「竹馬の友」、という諺がある。

幼少時代からの、損得勘定を一切抜きした中で無垢に育まれた、そんな友情。幼馴染。

普段連絡を蜜に取り合っていなくても、数年に一度しか会わなくても、会えば隔たった時間は瞬時に埋まり、過去の与太話や四方山話に花を咲かすことが出来る稀有な存在。大人になって少なからず表層的になった自分の、本質や弱さをいつも暴いてくれる。

大学を出て社会人になってからできた友人も勿論いるが、無意識の内にも何処となく繋がりの弱さを感じている自分がいる。互いに肩書きを外し一個人の人となりを見た上で友人となっているのか、「○○に勤務する××さん」とした前提の下に成り立っているのか。色眼鏡というかなんというか、友人関係構築にあたって雑音が入る気がする。

もうかつての学生時代のような、腹を割って気の置けない友人を作ることは難しいことだと考えていた。

続きを読む ビジネススクールでの友人講

Kelloggでの旅

期末試験を終え、ファイナル・レポートを提出したので、いよいよ今日から春休み。ゆっくり休むまもなく、早速昨晩はペルー旅行面子によるキックオフ飲み会がった。ここ何日かは勉強に追われていたが、気付けば明日はリマへ向けて出発である。

続きを読む Kelloggでの旅

シカゴでトロピカル?

KWESTで一緒だった友人SamとLoraから1通の招待メールを受領。

件名:Everyone gets lei’d!!

?
場所;Evans Tiki Hut (12xx  XX Avenue, Evanston, IL)
??

内容:Come beat the Chicago winter blues with a night of tropical food, fruity drinks, reggae music and tiki pole dancing.

???

blog1.gif

地図に従い指定された時間におそるおそる行ってみると。。。

続きを読む シカゴでトロピカル?

ホームパーティーで国際交流

09の松山です。毎週土曜日に、ケロッグにいる世界各国の友人を1人か2人ずつ、我が家でのディナーに招待している。妻が作ってくれる寿司や(日本風の)グラタンなどの日本料理を振る舞い、ビールとワインで乾杯するパターン。

 

 

table.jpg今回のMBA留学で是非やりたかったことの一つに、「世界中にできるだけ多くの友達を作る」というものがあった。

初期のプレタームイベントであるCIMウィーク中にクラスの皆とは一通り顔見知りになったし、スタディグループや毎週金曜の学校でのパーティーのおかげで、かなりの数の友人はできるし、言葉も交わすのだが、どうしても「最近どうよ?」とか「授業何取った?」的な会話が多く、なかなかお互いの深い部分まで突っ込んでじっくり話す機会は多くはない。そのため、個別に分けて飯でも食いつつじっくり話すのが一番、と思うに至った次第。

 

続きを読む ホームパーティーで国際交流