STEMメジャーと米国就労ビザ

Class of 2020(2年生)のMです。Kelloggには、もともと7つのメジャー(Accounting、Economics、Finance、Managing Organizations、Marketing、Operations、Strategy)が存在していました。2年間にわたって所定の授業を履修すると、卒業時にMBA in XXXのようにメジャーがついて、履歴書や成績証明書にて記載が可能になります。もちろんメジャー無しで卒業することも可能ですが、多くの学生が1つもしくは複数のメジャーを視野に入れ、各学期の履修計画を立てています。https://www.kellogg.northwestern.edu/programs/full-time-mba/academics/majors-pathways.aspx

その中で、今回新たに8つめのメジャーとして、Management Scienceが加わりました。これは、通称STEM(Science、Technology、Engineering、Mathematics)メジャーと呼ばれるものです。アナリティクス系の授業を中心に所定の授業を履修をすると認められます。(このメジャーを取得すること自体は難しくなく、要件を見ると、私自身は既にこれまで履修してきた授業で、このメジャーが取れることが判明したぐらいです。)

STEMメジャーになると、米国での就労機会の増加につながります。International StudentsがMBA卒業後に米国で就職する場合、一般的にはOPT(Optional Practical Training)を利用します。このOPTは、通常12ヶ月の期間が設定されています。その間に、H1Bビザに応募し、当選することで米国での就労を継続することが可能になります。ただ、当選しなかった場合、就労の継続は不可能になります。

STEMメジャーの利点は、24ヶ月のOPT期間の延長が認められ、合計36ヶ月間の滞在が可能になることです(通称、STEM Extension)。その36ヶ月の間に、H1Bビザの申請を複数回行うことが出来るため、その後の就労可能性も高まることになります。

最近、複数の米国トップスクールでこのSTEMメジャーが認められているようです。Kelloggはやや遅れを取っていましたが、KSAと呼ばれる生徒会やInternational Studentsの代表者たちが、積極的に他校の動向を調査し報告したり、賛同表明を集めてDean(学長)やカリキュラムを検討するコミッティーに働きかけたりし、ようやく実現したという背景があります。既に秋学期の履修が始まっており、2020年6月卒業予定の学生にとって、残すは冬学期と春学期のみですが、そこでうまく履修計画を組めば、その代からSTEMメジャーが認められることになりました。こういったところにも、Kelloggの特徴の1つ“Student-driven”というカルチャーが表れていると言えるかもしれません。

在校生によるWebinarのお知らせ (2019年11月9日(土)10-11時AM)

Kellogg在校生による、MBA受験生の皆様を対象としたWebinarを開催します。参加をご希望の方は、以下リンク先からご参加いただければ幸甚です。

フライヤーはこちら

日時
日本時間2019年11月9日(土)午前10時開始、11時終了予定
第一部: 在校生によるKelloggの紹介
第二部: 質疑応答

概要
Kelloggの概要・魅力を在校生がたっぷりとお伝えします。受験プロセス、学校の特徴・校風、カリキュラムまたは現地での生活等について 何でもお聞きください。なお、本説明会は在校生主催の非公式説明会との位置付けです。言語:日本語

問募集
Webinarにて聞きたい質問を予め募集します。受験プロセス、学校の特徴・校風、カリキュラムまたは現地での生活等について、何でもお気軽にご質問ください。

質問受付:https://kellogg.qualtrics.com/jfe/form/SV_7Xa9SfiyhFOWvkh

参加方法

参加はこちらから: https://bluejeans.com/797194299/1127

本説明会はBlue Jeansを使用したWebinar形式です。携帯・iPadからもBlue Jeansアプリをダウンロードすれば参加頂けます。

Blue Jeans利用方法

Kellogg Club of Japan新会長(2011卒)が語るケロッグの魅力

Kellogg Club of Japan (KCJ)(※日本におけるKellogg同窓会。詳細はこちら) 新会長、小田原浩さん(マッキンゼー・パートナー/Class of 2011)のインタビュー記事のご紹介です。

Kelloggといえば、コラボレーション型リーダーシップを旗印としているだけあってSocialなイベントやパーティが豊富で、
企画・運営の主体となる学生たちは、実際社交的な人が多い印象です。

ただもちろん、全員が全員パーティ好きではなく、小田原さんも、ご本人曰くシャイで人見知りの性格のため、ネットワーキングが苦手だったそうです。

Outgoing / extrovertな性格でなくても(もちろん社交的な人にも)Kelloggは様々なチームワークを通じてグローバルリーダーとして成長できる場所なんだということをお伝えできればと思いますので、ぜひご覧ください!

就職活動から、マッキンゼー勤務、そしてケロッグ留学時代の体験談など、幅広いエピソードが満載です。

KCJ新会長インタビュー (1) 留学経験ゼロだった自分が グローバルリーダーへ挑戦した理由

MBAを取得するだけなら、日本で働きながら取ることも可能だ。そんな中、あえて海外のビジネススクールに行く意味はあるのだろうか? …



KCJ新会長インタビュー (2) 人見知りでもOK!私の関係構築法

海外のビジネススクール、MBAを取得できるところは数々ある。 …



KCJ新会長インタビュー (3) 世界に通じるリーダーの極意

世界が多様化し、いま、グローバル展開が急激に進んでいる。日本人プロフェショナルにとって、急務とされているスキルが、”リーダーシップ力”である。 …

Kellogg在校生・卒業生によるコーヒーチャット(東京)のご案内

9月1日(日)に、Kellogg 在校生・卒業生による、MBA 受験生の皆様を対象としたコーヒーチャットを開催します。参加をご希望の方は下記リンク先からお申し込み下さい。(一時帰国中の在校生や最近の卒業生も参加します。席に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい。)

 

日時: 2019 年 9 月 1 日(日) 12 時 30 分開場、13 時 00 分開始 、15 時 00 分終了予定

※イベントは日本語で行われます。

 

申込用URL:         https://forms.gle/FDBJ5k1nrrVhMEXv8

 

場所: 虎ノ門ホール

(東京都 港区 西新橋 1-9-5 酔心興栄ビル 2階)

 

  • 東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅より徒歩3分
  • 都営地下鉄三田線「内幸町」駅より徒歩3分
  • JR山手線「新橋」駅より徒歩8分

 

概要:    Kellogg 在校生・卒業生と少人数グループまたは個別にお話しいただけます。校風・カリキュラム概要・魅力・現地の生活環境から受験対策・卒業後のキャリアまで幅広くお答えしますので、是非質問を用意してお越し下さい。当日はご家族・パートナーの方の同伴も大歓迎です。(服装はカジュアルなものでお越し下さい。)

 

 

Kellogg公式説明会(東京)のご案内

7月23日(火)に、KelloggのAdmissions Officerが2名来日し、東京にて公式説明会を開催致します。当日はKelloggの各プログラム(1年制MBA、2年制MBA、MMM、JD-MBA)の概要説明およびアドミッションや卒業生と自由にご歓談いただけるネットワーキングセッションを予定しています。Kelloggをより深く理解できる貴重な機会ですので、受験を検討されている方は是非ご参加下さい。

■日時:2019 年 7月 23 日(火)18時30分~20時30分
■会場:ゴールドマン・サックス証券(六本木ヒルズ)

登録は以下のリンクよりお願い致します。たくさんのご参加をお待ちしています。
https://apply.kellogg.northwestern.edu/register/FT-Pro-Event-TokyoInfoSession

Class of 2020 学生プロファイル

Class of 2020(1年生)のMです。本日はClass of 2020の学生のプロファイルについてご紹介します。

生徒数、平均年齢、勤務年数などに大きな変化はありませんが、以下にていくつか特徴をまとめておきます。

① 学生の女性比率は4年連続で40%を超え、今年は過去最高の46%に到達
今でこそいくつかのトップスクールで女性が学長(Dean)を務めていますが、Kelloggは一早く2010年にSally BlountをDeanに任命し、学校全体として女性のキャリア支援や個人的成長をサポートする仕組みを構築してきました。また今年の8月から現LBSのFrancesca Cornelliが新たにDeanに就くことが決まっています。WBA(Women’s Business Association)のようなクラブも積極的に活動しています。

② GMATの平均点は2年連続で過去最高の732点
ビジネススクールのランキングにも大きく影響していると言われているGMATのスコアですが、ここ数年トップスクールの平均点は軒並み上昇傾向をたどっています。Kelloggも例外ではありませんが、732点はトップスクールの中でも最上位に位置付けられるようです。(出典:Poets&Quants

③ 出身業界の多様性
コンサルティング業界から来る学生が全体の24%いますが、それ以外は多種多様と言えます。第2位としてFinancial Service(金融)が19%と括られていますが、金融と言っても投資銀行、PE、VC、保険、政府系金融など様々な分野から学生が来ています。

④ 3人に1人は”International”
Kelloggは人種の多様性にも富んでいます。米国のビジネススクールなのでアメリカ人が多くなりがちですが、アメリカ人の中でも小さいころに米国に移住してきたアジア系アメリカ人、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニックなど様々な人種がいます。また留学生もアジア、中南米、欧州、アフリカなど世界各国から優秀な学生が集まってきて切磋琢磨しています。

また、こちらにもKelloggのキーワードとともに、Class of 2020の数名が紹介されていますのでご覧になってください。

Class of 2020の日本人はというと、2年制プログラム4名とMMMプログラム1名の計5名が在籍しています。なんと全員男性ということで、学校の方向性とは真逆を進んでいる感は否めませんが、来年以降どうなりますでしょうか・・・。GMATのスコアに関しては、一般的に数年前まで日本人は学校の平均以下でも仕方がないという見方もありましたが、おそらく近年の日本人の平均スコアは、学校の平均スコアに近くなっていると思われます。出身業界に関しては、金融3名(銀行、投資銀行、損保)、商社1名、メーカー1名という構成です。

ウェイトリスト対策

Class of 2020(1年生)のMです。3月27日にKelloggのR2の合格発表がありました。合格された方、おめでとうございます!一般的に受験とは非情なもので、受験生を「合格」と「不合格」にはっきりと分けます。ただ、MBA受験が少し異なるのは、合格と不合格の間の「ウェイトリスト」と通知されることがあるからです。合格には何かが足らないものの、一発不合格にするには惜しい人材という学校にとってなんとも都合の良い結果通知です。逆に、それを受け取った受験生は、不合格にならなかったと安心して良いのか、合格にならず残念と思うのか・・・。状況次第ですが、志望度が高ければ高いほど、残念という気持ちが強くなるものと思います。かくいう私も一旦はウェイトリストに入りながら、対策を取って最終的に合格に至った身です。直近でも何名かの方にご相談いただきましたし、同様の状況に置かれて対策を取りたいと思っている方に何らかの参考になればと思い、以下にて私見をまとめます。私と完全に状況が同じ方はいらっしゃらないと思いますので、参考になりそうな部分だけ拾っていただければ幸いです。(※年によってアドミッションのウェイトリストに対するプロセスは異なりますし、以下内容は私見であり、Kelloggのアドミッションの考え方や意見を代弁するものではない点、ご了承ください)

【アプローチ方法】
1. Kelloggのウェイトリストに対するオフィシャルな考え方を理解
2. 自身のアプリケーション全般を振り返って何が足りなかったかを分析(カウンセラーとも適宜相談)
3. 不足点に対するアクションプランを作成(中には一般的なウェイトリスト対策をまとめた資料を持っているカウンセラーもいますので、カウンセラーとも適宜相談)
4. アクションプランを実行

私がカウンセラーから言われたのは、「本気で取り組むのであれば、(結果としてアクションがそうだったとしても)とりあえずTOEFL/GMATの点数上昇に取り組む、とりあえずキャンパスを訪問する、というスタンスではなく、不足点の分析→アクションプランの作成というプロセスを踏むべき」ということです。本当にTOEFL/GMATの点数が低いだけでウェイトリストになったのか、キャンパス訪問をしていないからウェイトリストになったのか、ということですね。

人によってスタンスは異なると思いますが、私は「失うものは何もないので、できることは全てやる」というスタンスでした。おそらく何もせずにウェイトリストから繰り上がる方もいると思います。色々やったものの不合格になった方もいると思います。ただ私は、仮に最終的に不合格になったとしても、行動を起こさずに不合格になるより、行動を起こして不合格なる方が自分にとって納得感が大きいと判断し、できることは全てやることにしました。

【ウェイトリストのプロセスと合否のタイミング】
2019年3月時点の情報ですが、Kelloggの場合は、ウェイトリスト向けにウェビナーを行った後、ウェイトリストに残るかどうかの意思確認を経て、各ウェイトリストの方に対してアドミッションから1人ウェイトリストマネージャーがアサインされます。その後は、ウェイトリストマネージャーとコンタクトを取りつつ、アップデートフォームを用いて自身がアドミッションにとって有益と考える情報(他校の合格及びデポジット締切、テストスコアの上昇、昇進、など)をアップデートしていきます。

ここが精神的に辛いところですが、合否判明は、必ずしも各ラウンドの合格発表と同タイミングではありません。例えば、R1でウェイトリストになった方は、R1のデポジット締切後、R2の合格発表後、R2のデポジット締切後、R3の合格発表後、R3のデポジット締切後、最後の最後(プログラム開始約1ヶ月前)などがどれも均等に有力です。ちなみに私の場合は、R1でウェイトリストになった後、R2の合格発表後にまたウェイトリストになり、結局Kelloggのサマースクールが始まる約1ヶ月前に合格しました。

【具体策】
私がカウンセラーとアプリケーションを分析して実行に移した内容は、①Extracurricular Activities(課外活動)の充実、②キャンパスビジット(2回目)、③追加推薦状の取得、④オンラインMBA基礎コースの受講、⑤GMAT再受験、の5つです。⑤は取り組みましたが結果が出ませんでしたので、①~④の内容をアップデートレターという形でまとめてウェイトリストマネージャーに送付しました。それぞれのタイミングは以下の通りです。

・1月上旬:過去のウェイトリストからの日本人合格者とコンタクト
・1月上旬:ウェイトリストマネージャーに最初のコンタクト(メール)
・1月中旬:カウンセラーとアクションプランを検討
・1月下旬~2月下旬:オンラインMBA基礎コースの受講
・1月下旬~5月中旬:課外活動に従事
・2月中旬:キャンパスビジット(2回目)
・2月下旬:追加推薦状を取得
・3月上旬:アップデートレターをウェイトリストマネージャーに送付
・3月中旬:ウェイトリストマネージャーと2回目のコンタクト(電話)
・5月下旬:ウェイトリストマネージャーと3回目のコンタクト(電話)
・6月中旬:合格

まずは、過去のウェイトリストからの合格者からヒントをもらおうと探しました。ここ数年はウェイトリストからの合格者がいませんでしたので非常に苦労しましたが、結果として2名の方にお話を聞くことができました。次にウェイトリストマネージャーに最初のメールを送り、自身のKelloggへの強い関心を伝えるとともに、アクションプランのタイミングを確認しました。この点が非常に重要なのは、「いつまでにアクションを結果に結びつけるのか」「それまでに何度アドミッションに対してアップデートを送るべきか」という戦略を立てられるからです。巷では、「ある程度期間を置いて定期的にコンタクトを取った方が良い」、あるいは、「定期的にコンタクトするのはアドミッションに迷惑だから、なるべく少ない方が良い」など色々な意見が出回っているかと思いますが、そこはウェイトリストマネージャーとのやり取りを経て、自身で判断するしかないと思います。私はウェイトリストマネージャーからの返信内容を踏まえ、カウンセラーや在校生とも相談し、一度にまとめてアップデートを送ると決めました。当時の在校生から言われた、「Kelloggには熱意をスマートに伝えることが重要」という言葉は今でも覚えています。

長くなってしまいますので、「何をやったか」、「なぜやったか」をここに書くのは控えますが、追加の課外活動は合格の大きな要素だったと思います。加えて、オフィシャルには「キャンパスビジットは合否に無関係」「追加推薦状は“discourage”」とある中で私は両方ともやりました。しかもキャンパスビジットは2回目でした。両方とも意図があってやったことなのですが、長くなってしまいますので、こちらも「なぜやったか」をここに書くのは控えます。詳細なお話を聞かれたい方はぜひご連絡ください。

3月中旬にアップデートレターの内容に関してウェイトリストマネージャーとSkypeを行ったときには、R2の合格発表直後に合否を伝えると言われました。その結果がまたウェイトリストだったときには、笑うしかありませんでした。その後もウェイトリストの状態が続き、ビザ申請のタイミングや他校進学の話しが具体化してくる5月中旬になってもまだ合否が決まっていなかったので、さすがにウェイトリストマネージャーにコンタクトしました。実際に5月下旬に再度Skypeで話し、Kelloggに行く準備は出来ているが、どちらでもよいので結果が早くほしいという旨を伝えたと記憶しています。そのとき、6月中旬ごろには最終結果を伝えられると思うと言われ、またウェイトリストだったらどうしようと思いつつも、実際に6月中旬に合格できました。その後約1ヶ月で予防接種やビザ申請から住居探しや引っ越し作業まで全てを終え、7月20日すぎのサマースクール開始になんとか間に合いました。

運や他者の状況にも左右され、結果が出るかどうかもわからない、むしろ不合格になる可能性が圧倒的に高い中、時間を使って長期にわたってこのプロセスにコミットするのは精神的に辛いことです。ただ、このプロセスでは当時の在校生や日本にいる様々な卒業生に大変お世話になりましたので、私も何らかサポートが出来ればと思っています。上記内容が少しでも参考になれば幸いです。

8/18 (土) 在校生・卒業生によるコーヒーチャット@東京のお知らせ

Kellogg 在校生・卒業生による、MBA 受験生の皆様を対象としたコーヒーチャットを開催します。参加をご希望の方は下記リンク先からお申し込み下さい。(一時帰国中の在校生や卒業後間もない新卒業生も参加します。席に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい。)

日時:     2018 年 8 月 18 日(土) 09 時 30 分開場、10 時 00 分開始 、12 時終了予定
※イベントは日本語で行われます。

申込用URL:     https://goo.gl/forms/2y6zENwMjuWzxefA2

場所:     FinGATE KAYABA
(東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル1階)
・東西線・日比谷線「茅場町」駅 徒歩1分
・銀座線・都営浅草線「日本橋」駅 徒歩4分
・半蔵門線「水天宮前」駅 徒歩12分

概要:    Kellogg 在校生・卒業生と少人数グループまたは個別にお話しいただけます。校風・カリキュラム概要・魅力・現地の生活環境から受験対策・卒業後のキャリアまで幅広くお答えしますので、是非質問を用意してお越し下さい。当日はご家族・パートナーの方の同伴も大歓迎です。(服装はカジュアルなものでお越し下さい。)

問い合せ先:      宮澤 一輝 (2Y MBA, Class of 2019) / 佐藤 究 (MMM, Class of 2019)
kazuki.miyazawa@kellogg.northwestern.edu / kiwamu.sato@kellogg.northwestern.edu

フライヤー: 「Kellogg School of Management 在校生・卒業生によるコーヒーチャット」のお知らせ

[更新] Kellogg Official Information Session 開催(7月24日)のお知らせ

 

できるだけ多くの方々にご参加いただけるよう、開始を当初より30分遅らせ、19時開始と致しました。直前での変更となり申し訳ございませんが、下記をご確認の上、お間違いないようご来場ください。

7月24日(火)にAdmissions Office担当者が来日し、以下のとおりOfficial Information Sessionを開催します。席に限りがありますので、参加をご希望される方は、お早めのお申し込みをお願いいたします。

【日時】:2018年 7月 24日(火)19時00開始(1830受付開始)、2100終了予定

【場所】:ゴールドマンサックス証券 47階オーディトリアム
(〒106-6147 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー47階)

【内容】:第一部: Admissions Officerによるプレゼンテーション / 第二部: 卒業生によるパネルディスカッション / 第三部: 個別 Q&A (学校説明及びパネルディスカッションは英語で行う予定です)

【申込要領】:以下URLよりお申込み下さい。
https://apply.kellogg.northwestern.edu/register/Ft-Pro-Event-InfoSession-Tokyo

*詳細につきましては添付フライヤーご参照下さい
2018 Info Session.pdf

直接Admission担当者にご質問をいただく数少ない機会となっております。当日お会いできるのを楽しみにしております。

在校生によるWebinarのお知らせ (2018年5月26日(土)10-11時)

Kellogg在校生による、MBA受験生の皆様を対象としたWebinarを開催します。参加をご希望の方は、以下リンク先からご参加下頂ければ幸甚です。

日時
日本時間2018年5月26日(土)午前10時開始、11時終了予定
第一部: 在校生によるKelloggの紹介
第二部: 質疑応答

概要
Kelloggの概要・魅力を在校生がたっぷりとお伝えします。受験プロセス、学校の特徴・校風、カリキュラムまたは現地での生活等について 何でもお聞きください。なお、本説明会は在校生主催の非公式説明会との位置付けです。言語:日本語

参加方法
参加はこちらから: https://bluejeans.com/844773731
本説明会はBlue Jeansを使用したWebinar形式です。Blue Jeansの使用方法は、下記フライヤーの2ページ目をご参照下さい。携帯・iPadからもBlue Jeansアプリをダウンロードすれば参加頂くことが可能です。

事前質問
Webinarにて聞きたい質問を予め募集します。以下のリンクから受験プロセス、学校の特徴・校風、カリキュラムまたは現地での生活等について、何でもお気軽にご質問ください。https://goo.gl/UPEM9U

フライヤー
「Kellogg在校生によるWebinar (2018年5月26日)」のお知らせ