日本食事情(スーパー編)

Class of 2020(1年生)のMです。今回はKellogg日本人学生の日本食事情について、スーパー編と題してお伝えします。夫婦や子連れでの留学を考えている方にとっては、より重要なポイントかと思います。結論から申し上げると、日本で購入する場合と比べると当然やや割高になりますが、以下に挙げるスーパーで日本食を手に入れることが可能ですのでご安心ください。

Sea Ranch Sushi(徒歩圏内の日本食スーパー)
エバンストンの中心から徒歩15分ほどのところにあり、スーパーではなく商店と呼んだ方がふさわしいほど小さいお店ですが、日本の食材や調味料がある程度手に入ります。また、寿司レストランが併設されており、店内のイートインスペースで食べることも可能ですし、持ち帰りにも対応しています。


Mitsuwa(車で40~50分の日本食スーパー)

日本にあるスーパーと遜色ないほどの日本食が手に入ります。ビール、焼酎、日本酒などのアルコール類も充実しています。レストランが併設されており、ラーメン山頭火、うどん屋、一橋大生御用達のすた丼、などが入っています。また、紀伊国屋書店や海賊版のDVDレンタル・販売店もあります。


Tensuke Market(車で40~50分の日本食スーパー)

Mitsuwaの近くにあるやや小規模の日本食スーパーです。比較的鮮度の良い刺身や寿司が手に入り、店内で食べることも可能です。

H Mart(車で20分の韓国系スーパー)
日本食も含めたアジア系食材を全般的に取り扱っている韓国系のスーパーです。Kelloggのアジア人学生が多用しており、車が無い人でもUber/Lyftで友人と一緒に買い物に行ったり、車を持っている人に同乗して行ったりします。日本食に関しても、麺類、調味料、冷凍食品、生魚、薄切り肉、お菓子など非常に多くの品が揃っており、通常は上記Mitsuwaまで行かずにここで済ませることが大半です。韓国料理のフードコートも併設されています。

Joong Boo Market(車で20~25分の韓国系スーパー)
こちらも日本食を含めたアジア系食材を全般的に取り扱っている韓国系のスーパーで、上記H Martよりも新しくよりきれいな印象です。品揃えはH Martとほぼ変わらず、新鮮な刺身や生魚も手に入ります。韓国料理のフードコートも併設されています。

日本食に関しては、上記5つのスーパーで十分事足ります。私の家族の場合は、H MartまたはJoong Boo Marketに約2週間に1回、Mitsuwaに1~2ヶ月に1回行くイメージです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA