自分にできること

この度の東北地方太平洋沖地震で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。

 

今回の国難に、我々Kellogg日本人一同、大変胸を痛めております。地震発生時はEarly Examを直前に控え、試験勉強中でした。休憩しようと思って何気なくYahoo開いてみると、見慣れない大きな文字で地震発生との情報。ただごとではないと感じ、Twitterを開いてみると、ものすごい量の情報が飛び交っている。加えてメールボックスを開けると、GIM Japanのメンバーから、家族は大丈夫かとのメールが複数届いている。その後、気が動転しながら、中学生がUstreamで配信していたNHKニュースを食い入るように見ていた。

 

ほどなくして原発関連のニュースが舞い込む。祈るような思いでただ画面を見つめることしかできず、人間の力ではどうすることもできない自然の巨大な力にただ圧倒されるとともに、悔しさが込み上げてきた。

 

我々の企画してきたGIM Japanは3日後に控えていたが、中止とすることを決定。素晴らしい日本を外国人クラスメイトに知ってもらいたいと思い一生懸命準備をしてきたが、今は違った形で日本の良さを伝えたいという気持ちでいっぱいだ。Kelloggでは、2年生の先輩方が中心となって下さり、募金イベントやチャリティTシャツ販売の準備を進めている。今日本で物理的に起こっていることは大変悲しい事実ばかりだが、BBCやNew York Timesなど各国のメディアが連日伝えるように、日本人の我慢強さ、助け合いの心や思いやりを改めて感じる機会となったのも確か。技術的な先進国としての素晴らしさのみならず、日本の素晴らしい国民性を、今こそクラスメイトに知ってもらいたいと思う。そのために自分にできることを見つめ直し、具体的な活動につなげていきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA