San Francisco Winter Quarter

キャンパスビジットいただく方のなかから、Kelloggのアントレ教育環境について質問を受けることがあるので、本日はその中でも最近立ち上がった人気プログラム「San Francisco Winter Quarter」をご紹介します。

■プログラム概要
Kellogg生がサンフランシスコキャンパスに1学期在籍し、実際の企業でのインターンシップと、クラス受講を同時進行で行うプログラムのことです。開催主体はKelloggのアントレシップ教育をになうKIEI(The Kellogg Innovation and Entrepreneurship Initiative)が開催しています。

■プログラムの特徴
インターンシップおよびクラスが同時進行で行えることが最大の特徴です。インターンはKelloggのLabと呼ばれるExperimental Learningの授業を通しても実施可能ですが、基本はオンサイトでのインターンを想定しているため、インターン先の企業はほぼシカゴをベースとしている企業となります。一方で、当プログラムの場合、学生が1学期期間中サンフランシスコにベースを置くことを想定しているので、インターン先もサンフランシスコあるいはベイエリアの企業となります。さらにこのプロプラムにはKelloggの教授が毎週サンフランシスコまで出向き授業を行ってくれるという特典があります。学生は教授とF2Fで授業を受けることができ、1学期キャンパスを離れることに対する教育上の機会損失を気にする必要なく、西海岸での就業体験を積むことができます。

■時期・期間
当プログラムの開催時期は、冬学期で、カレンダー上では1月から3月までの約10週間となります。ちなみに、多くのExchange Programは冬学期を想定しているので、開催時期が重複します。そのため、Exchangeと当プログラム両方へ参加したい場合は、冬学期を避け、秋学期・春学期に学生を受け入れているExchange提携校を行先に選ぶ必要があります。

■選考方法
毎年10月前半にアプリケーションと面接による選考があります。アプリケーションが通った場合のみ、KIEIの教授陣との面接を行ないます。

■参加者
当プログラムへアプライするには、コア科目を終了していることが前提となっているので、参加者は必然的に2YMBA/MMMの2年生、あるいは1Yのみとなっています。また主催団体の特色上、参加者にはアントレプレナーシップへの興味・関心を強く持っていることが求められます。面接でその点に対する質問を受けるだけでなく、アプリケーション上でも、Kelloggにおけるアントレ分野でのコースワーク、クラブ活動、エクストラカリキュラムなどについて説明する必要があります。

■インターン先
当プログラムには2つのコースが用意されており、それぞれ1)Growth Track、2)Venture Capital Trackとなります。1)Growth Trackを選択した学生は、Glowth Phaseにあるスタートアップでインターンを行い、2)Venture Capital Trackを選択した学生はVenture Capital Firmでインターンを行います。インターン先とのマッチングは、学校側が行ってくれる方法と、自分で見つけ出す方法があります。とにかくどこかでインターンを行いたい!という学生は学校のネットワーク経由でインターン先を見つけていますし、インターン先に強い希望がある学生は自分でインターン先を見つけています。

ひとまずハイレベルな説明のみとなりましたが、西海岸での就業を考えている人には、就職に役立つ経験を積むことができる、ネットワークの機会を得られるという意味で非常に魅力的なプログラムとなっています。

Kelloggでのアントレ教育についてはそれほど強い印象をお持ちでないかたもいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはなく、十分すぎるほどの機会・リソースが用意されています。

アントレ分野に興味を持たれている方にも是非Kelloggでどんな機械・リソースが利用可能かを知っていただき、志望校の一つに加えていただけると幸いです。

アントレや当プログラムについて質問がありましたら、お気軽にお問合せページよりご連絡ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA