Class of 2010始動!!

はじめまして、Class of 2010(2008年秋入学)のYKです。受験中は自分も色々と参考にしていた当ブログですが、こうして執筆できるというのもなかなか感慨深いものですね。まだ、授業開始前ではありますが、これからClass of 2010のメンバーも順次、ブログに投稿させてもらう予定なのでどうぞよろしくお願いします。

                                CIMG0179.JPG

Class of 2010も徐々に親睦を深めていますが、バックグラウンドも色々(商社・金融・コンサル・IT・メーカー・不動産・官庁・弁護士等々)、キャラも色々で、かなーり熱い感じです!! これからこんな濃いメンバーと2年間過ごせると思うと、やっぱりKelloggにこれてよかったなーと思います。個性豊かなメンバーによる、様々な角度からのKellogg生活の紹介ができると思いますので、これからも当ブログにご期待ください。

さて、ブログの本題ですが、実はまだKellogg生活を実際に体験しているわけではないので、正直ネタがない!! ということで、一発目としては、どちらかと言えば受験生の視点で、去年の秋に行ったキャンパスビジット体験について紹介させて頂きます。個人的には、ビジットをすることを通して学校の雰囲気がよく分かったし、エッセー作成においても具体的な話ができたので、時間もお金もかかりますが、是非、行ける方はキャンパスビジットをお薦めします。キャンパスビジットってどんな感じだろうっていうのを軽く掴んで頂く為にも、私のケースを紹介させて頂きます。

当日の流れ
9:00 到着
空港近くのモーテルから車で来たところかなり渋滞にはまってしまい到着したかった時間よりちょっと遅れてしまう。。。(車で来る予定の方はご注意ください) ジェイコブスセンターに到着後は、まずアドミッションオフィスへ。担当の人に、その日、聴講できる授業のリストともに、アプリカントであることが分かる為のバッジをもらう。着いた時には既に最初の授業がはじまっていたので、ノースウェスタン大学でぶらぶら散策しつつ、二時間目が始まるまで時間をつぶす。緑が多く、ミシガン湖もいい感じで、散歩するには最高の環境。ちょっと、Kellogg生になって校内をうろうろしている自分をイメージして浸ってみる。

10:30-12:00 ファイナンスのクラスに参加
授業の中身はほぼ理解できないながらもなんか高度な話してるなー、というところでとりあえず感銘を受けてみる。後々聞くと、結構、アドバンスドなクラスということ。分からないはずだと思いつつ、クラスの雰囲気はなんとなく掴める。あと、日本人の先輩も結構、発言していて「おっ」と思う。日本の大学の授業とは違いやはりかなりインタラクティブな感じ。クラスで発言している自分をイメージしてみるものの、イマイチ想像ができない。やや、不安になる。

12:00-14:00 日本人在校生とランチ+談笑
事前にメールでアポをとっていた通り、2年生の方と待ち合わせてカフェテリアへ。カフェテリアは校舎の真ん中にあってかなりの人だかり。アメリカンなサンドイッチを購入して、始めは日本人在校生数人の方とお話をしていたが、一人また一人と在校生の方々が集まってくれて多分、合計15人以上に!! そして、びっくりしたのがみんなとにかく熱い。僕の質問に対して一人が終わると、また次の人と、矢継ぎ早の回答。まさにアドバイス祭り。これがケロッグのカルチャーかーとちょっと感化される。

14:00-15:00 アドミッションオフィスによる学校説明会に参加
結構な数がビジットしており(30人ぐらい)ややびびる。プレゼンはまあ、普通の感じだが、学校の概要を掴むにはよく作られていた。昼食時の熱さを引きづりつつ、がんばってちょっと質問なんかもしてみる。たどたどしい英語ながらもなんとか通じて一安心。

15:30-17:00 マーケティングの授業に参加
今度はマーケの授業に参加。その教授は、かなり実務家として活躍されていた方らしく、体験談をふんだんに織り込みつつ、授業を展開。さすがにマーケティングで有名なだけはあるなと思う。同じくビジットしていた隣のブラジル人・インド人とちょっと話しをしつつ、あーなんかインターナショナルだなーと勝手に感動。

感想
Kelloggで1日過ごしてみると学校の施設や街の雰囲気なんかもすごくわかるし、諸先輩方のビビッドな体験談が聞けるので学生生活がかなり鮮明にイメージできます。また、実際に行ってみるとホームページやカタログには書いてないことでの新たな発見もあり、モチベーションも上がると同時に、行きたい理由がかなり具体化してきます。そういう観点では、個人的には出願前にビジットしておいて、自分の体験や訪問して感じたことをエッセーに織り込むことで、かなり具体的なエッセーが書けるのではないかと思います。

あと、自分は1週間で計7校ビジットしましたが(かなりの強行スケジュール)、Kelloggへのビジットほど、なんか熱いものを感じたところはありませんでした。ビジット前は必ずしもKelloggは第1志望ではありませんでしたが、自分で実際に学生生活をバーチャル体験することを通じて、絶対にKelloggに行きたいという気持ちになっていきました。まあ、人それぞれ体験は違うので、あくまでも一例という形ですが、少しでもKelloggを受験することにご興味のある方は、是非、キャンパスビジットもご検討頂ければうれしいです。

ということで学校紹介というよりは受験体験記的な内容になってしまいましたが、今後も色々と投稿していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

YK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA