Evanstonの生活についてよく質問をいただきます。
おそらく、志望校選定のタイミングで、大都市にある学校を選ぶか否か迷われる方も多いのかと思います。

結論から言うと、(大都市でなくて)Evanstonで良かった!と思っています。
※本記事は、私(2年生、Mina)の個人的意見です。

大前提として、出張で米国の大都市は何度も訪れたので、“マンハッタンを見ておきたい”、“ハリウッドに行ってみたい”、等々の欲は満たされていたこと、および、Kellogg入学前にはアメリカに友達がほとんどいなかったこと、が大きいかもしれません。

大都市の良さは言わずもがな、きっと皆さんご想像の通りかと思います。大都市のメリットはたくさんあります。
ここでは郊外の良さを主張させてください。

1.コミュニティが強固
一番のメリットはタイトなコミュニティが形成されること。多くの学生が学校から徒歩圏内に住んでいます。そのため、いつでもすぐに友達に会えます。会いたくなくても散歩に行けば何人かに会います。(ついさっきも、私が家で焼いたスイートポテトを友達がひょっこり受け取りに来ました。10:30PM)

平日・週末問わずちょっとしたイベントが頻繁に開催されますし、出席率もなかなか高いです。
これが大都市だと、米国人・米国在住歴の長い人はその大都市に学外の友達がたくさんいるため、必ずしも学校の集まりに参加しない、ということが起こりえます。
郊外だと学外の友達には会いづらいので、必然的に学外の友人とつるむ時間が長くなるのです。必然的に私にかまってくれる。友達作りがちょっぴり楽になります。

2.楽
友達作りが楽になることをすでに話してしまいましたが、押しなべて、生活全般が楽です。
意思決定ってものすごくエネルギーを使います。どこに行こう、何を着よう…某スティーブさんも省エネのために同じ服を着ていたことは有名な話。

Evanstonは一通り何でもそろっています。でも、それぞれのカテゴリー内のオプションは東京ほど多くないのです。ある程度キュレーション済み(!)のコンテンツに囲まれているので、なんとなく楽です。違うところで買い物をしたいときには今の時代オンラインがあるので不便を感じません。
あんなにばっちりメイクして、ハイヒールを鳴らして歩いていたのはいつのことやら、今はかろうじて眉を最後の砦としつつ、ペタペタと街を闊歩しています。周りもそんな感じなので、下手に肩ひじ張らなくていい。なんて楽…!

不便を感じないほど街は整ってるし、でもちょっと歩けば緑は豊富だし、ちょっとオシャレして出かけたいときはシカゴにすぐ行けるし、割と気に入って住んでいます。

Qどんなところに住んでいますか?
A 寮か、学外のアパートです。年にも因りますが、日本人は半分くらいは寮に入っているイメージです。独身向けの部屋、家族向けの部屋両方あります。
学外のアパートもオプションが豊富です。今年に入って新しいマンションがふたつほど建ちました。マンションによっては住人のほとんどがKelloggで、さながら寮のような状態です。

アパート例1

アパート例2
学生寮

Q 夏の生き物でも大丈夫ですか?
A 寒いです。毎年ハロウィン前に初雪が降ります。
が、しっかり装備すればなんとかなります。学校まで歩きたくないときは無料のシャトルバスも出ています。冬物は現地で買うことをお勧めします。(Wisconsinのアウトレットが税率が低くて◎)

Q 夜中に一人で歩けますか?
A 基本的にはYesです。そこまで頻繁に夜中に出歩きませんが、怖い思いをしたことはありません。(それなりに注意は払っています。間違っても酔っぱらって路上で寝てはいけません。)
高級住宅+Northwestern関連で多くを占める街なので比較的治安は良いかと思います。

Q車が必要ですか?
A 持っていませんが、不便を感じたことはありません。お子さんがいる方は車を持っている人が多いように感じます。
Uber, Lyftを中心に、電車も割と小ぎれいで使い勝手が良いです。(ただちょっとCOVID19後は車が欲しくなりました…どこか遠出したい。)

Q 日本食はありますか?
A んー、日本食、の定義によりますが、ある程度のものは徒歩圏内で手に入ります。ちょっといいお茶、とかちょっといい海苔、とかはありません。そして割高です。30分程車で旅をすれば、Mitsuwaという日本食スーパーもありますし、もう少し近いところにHMartという韓国系スーパーもあります。最近は食料品のデリバリーも充実しているので、わざわざ出向く必要も無くなってきました。

他にも何か気になることがあれば、お問合せまたはコメント欄にお気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA